日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

ライター

料理研究家・植松良枝さんが教える!自宅で楽しむカンタン”発酵食品”のすすめ

料理研究家・植松良枝さんが教える!自宅で楽しむカンタン”発酵食品”のすすめ

世界の国々で保存食や調味料として普及してきた発酵食品。腸内環境を整えて免疫を高める作用が期待できるなど、健康面におけるメリットが大きく、しかも日本酒との相性も抜群です。本記事では、料理研究家に聞いた発酵食品の魅力やメリットとともに、手軽にお家で楽しめるレシピをご紹介します!

甘口の日本酒の見つけ方とは。ポイントやおすすめ銘柄・料理も紹介

甘口の日本酒の見つけ方とは。ポイントやおすすめ銘柄・料理も紹介

日本酒といえば「辛口」というイメージがありますが、近年は辛口一辺倒ではなく、華やかな甘口を好む人も増加傾向にあります。甘口の日本酒を探すには、日本酒度・酸度・アミノ酸度といった数値がポイント。ここでは、甘口の日本酒の上手な見つけ方やおすすめの銘柄、さらには甘口と相性の良い料理も紹介します。

おちょこに描かれた蛇の目の意味とは?きき酒の楽しみ方もご紹介

おちょこに描かれた蛇の目の意味とは?きき酒の楽しみ方もご紹介

日本酒を飲むときによく目にする、青色の二重丸が印象的な白いおちょこ。これは「蛇の目(じゃのめ)」模様と呼ばれお酒の色を見極めるのに適しており、きき酒に使われるものです。本記事では、おちょこに蛇の目が描かれるようになった理由や、蛇の目のおちょこを使ったきき酒のやり方などを紹介します。

ぐい呑みで日本酒を楽しもう。おちょことの違いや選び方も

ぐい呑みで日本酒を楽しもう。おちょことの違いや選び方も

「ぐい呑み」は日本酒などのお酒を入れる器の一つで、素材やデザインによっては味に変化が表れると言われています。こちらの記事では、ぐい呑みの魅力や「おちょこ」との違いなど、ぐい呑みに関して詳しく解説していきます。併せてぐい呑みの選び方も紹介しますので、お酒が好きな方は必見です。

日本酒を飲むなら酒器にもこだわりを。種類や味わいの違い

日本酒を飲むなら酒器にもこだわりを。種類や味わいの違い

酒器は、日本酒などのお酒を飲むときや注ぐときに使われる道具のこと。日本酒には銘柄ごとに味わいの違いがありますが、酒器の素材や形状によっても味わいはさまざまに変化します。この記事では日本酒をより深く楽しむために、酒器がもたらす味わいの違いなどについて紹介します。

熱燗もぬる燗も!おいしい燗酒の作り方と楽しみ方

熱燗もぬる燗も!おいしい燗酒の作り方と楽しみ方

温めた日本酒のことを「燗酒(かんざけ)」と呼びます。燗酒と一口に言っても、熱燗やぬる燗など温度によって異なる呼び名がつけられています。日本酒は飲む温度帯によって味わいが変化する酒。温めることで甘味や旨味が深まり、ふくらみのある味わいを感じられます。この記事では燗のつけ方や料理との相性など、燗酒の楽しみ方を紹介します。

秋を彩る旬の日本酒「ひやおろし」の特徴や「秋あがり」との違いを解説

秋を彩る旬の日本酒「ひやおろし」の特徴や「秋あがり」との違いを解説

秋が近づく頃、日本酒ファンが心待ちにしているのが「ひやおろし」です。ひやおろしは、春先に絞ったお酒を夏の間熟成させて秋に出荷する日本酒で、熟成の旨味と丸みあるまろやかな味わいが魅力です。本記事では、ひやおろしの特徴や楽しみ方、「秋あがり」との違いなどを解説します。

日本酒カクテルが美味しい!次世代のバーテンダーに教わる自宅レシピや楽しみ方

日本酒カクテルが美味しい!次世代のバーテンダーに教わる自宅レシピや楽しみ方

小洒落たバーで嗜む、大人な雰囲気のカクテル。しかし、家庭で気軽にカクテルを楽しむ近道が実は日本酒ということをご存知でしょうか? カクテルのベースに使われるのは、ジンやウォッカ、ワインやウイスキーといった洋酒が一般的。しかし、近年、日本酒を用いたカクテルが世界的に人気を集めているといいます。 今回は5月13日の「カクテルの日」にあわせて、日本を代表するフレアバーテンダーの山本圭介さんに自宅でも簡単に作れる日本酒カクテルのレシピを教えてもらいました!

免疫力アップも期待できる発酵食品とは?種類や手軽に取り入れる方法も紹介

免疫力アップも期待できる発酵食品とは?種類や手軽に取り入れる方法も紹介

発酵食品とは、食材に含まれる微生物などが糖やたんぱく質を分解する働きを利用し、加工したもの。古くから日本の食生活にも取り入れられてきた発酵食品は、保存食としても重宝されています。この記事では、腸内環境を整えたり、免疫力アップにもつながったりするなど、体に嬉しい効果が得られると注目が高まっている、発酵食品の種類や取り入れる方法について紹介します。

日本酒の精米歩合とは?精米方法や変化する香りや味わい

日本酒の精米歩合とは?精米方法や変化する香りや味わい

精米歩合とは、精米する過程で玄米を削り残った割合を%で示したものであり、日本酒の味わいの決め手のひとつとなる重要なポイント。 日本酒を深く楽しむときに欠かせない「精米歩合」の基本から、精米歩合による味や香りの変化や日本酒の種類分けの基準、さらに精米方法の種類まで、詳しく紹介していきます。

日本酒の吟醸香とは?芳しい香りの理由と魅力を解説

日本酒の吟醸香とは?芳しい香りの理由と魅力を解説

日本酒、とりわけ大吟醸酒や純米大吟醸酒を飲むと、華やかでフルーティーな香りに気づくことがあります。こうした香りは吟醸香(ぎんじょうか)と呼ばれていますが、米を原料とする日本酒なのにどうしてフルーツのような香りがするのか、疑問に思う人もいるでしょう。この記事では、吟醸香が生まれる理由やその特徴をわかりやすく解説。さらに、芳しい吟醸香で人気の日本酒をあわせてご紹介します。

本醸造酒の飲み方やおすすめ銘柄をご紹介

本醸造酒の飲み方やおすすめ銘柄をご紹介

日本酒は米の精米歩合や製造方法に決まりがある「特定名称酒」と、それ以外の「普通酒(一般酒)」に大きく分かれています。「特定名称酒」はそこからさらに「本醸造酒」「吟醸酒」「純米酒」の3つに分かれます。この記事では「本醸造酒」の特徴や飲み方、おすすめの本醸造酒などをご紹介します。

フルーティーな日本酒が人気!好相性の料理やおすすめ銘柄も紹介

フルーティーな日本酒が人気!好相性の料理やおすすめ銘柄も紹介

華のあるフルーティーな香りを持つ日本酒の人気が高まっています。味わいも軽やかで飲みやすいものが中心であることから、日本酒の奥深い世界を日頃から存分に楽しんでいる人たちだけでなく、日本酒をあまり飲み慣れていない女性や若者などにも好まれているというのも注目すべき点です。本記事では、フルーティーな日本酒とはどういった日本酒を指すのか、どのような料理が合うのか、おすすめの銘柄などについてご紹介します。

日本酒は糖質が高い?糖質を気にせず楽しめる日本酒の飲み方

日本酒は糖質が高い?糖質を気にせず楽しめる日本酒の飲み方

日本酒は、米・米麹・水を原料として発酵させ、こしたもの。そのため、ほかのお酒に比べて糖質が高いイメージを持つ人もいるでしょう。近年ブームになっている糖質制限ダイエットの影響で、日本酒が好きでも飲むのを躊躇してしまうという人もいるかもしれません。この記事では、日本酒の糖質はどれくらいなのか、ほかのお酒に比べて糖質は高いのかについて解説。糖質を気にせず日本酒を楽しむ方法もあわせてご紹介します。

漫才師“にほんしゅ”が教える「きき酒」の方法!ただ飲むだけじゃない魅力って?

漫才師“にほんしゅ”が教える「きき酒」の方法!ただ飲むだけじゃない魅力って?

大人なら誰でも聞いたことがある「きき酒(唎酒)」。でも、言葉そのものは知ってるけど何をどうするかを知らない人が多いもの。そこで「唎酒師」の資格を持つ漫才師“にほんしゅ”のおふたりに、きき酒の方法や魅力についてレクチャーしてもらいました!

日本酒をより楽しめる。グラスの種類や選び方

日本酒をより楽しめる。グラスの種類や選び方

日本酒を飲むときは、どんなグラスを使っていますか?もし、どのグラスで飲んでもお酒の味は変わらないと思っていたとしたら、損をしているかもしれません。適当なグラスに注がず、こだわりを持って選ぶことで日本酒をさらに美味しく楽しめます。ここでは、グラスと日本酒の奥深さをご紹介します。

日本酒は太る?太らない飲み方とおすすめのおつまみとは

日本酒は太る?太らない飲み方とおすすめのおつまみとは

日本酒は、飲み口がよくお料理との相性も抜群ですが、お米が原料のため、ご飯と同様にカロリーが高いというイメージを持たれる方が多いようです。しかし、それは間違い。ほかのお酒に比べても特にカロリーが高いわけではありません。太らない日本酒の上手な飲み方をご紹介します。

日本酒エキスパートが教える「久保田」の魅力!あなたにピッタリな一本はどれ?

日本酒エキスパートが教える「久保田」の魅力!あなたにピッタリな一本はどれ?

「『久保田』という有名な日本酒があることは知ってる」「でも、種類が多いしどれを選べばいいのか分からない…」そんな思いを抱えている「久保田」ビギナーって意外に多いのではないでしょうか。そこで、今回は久保田の新しい美味しさ・楽しみ方を体験できる「未来日本酒店/KUBOTA SAKE BAR」の店長に、久保田の魅力を徹底レクチャーしてもらいました。

酒どころ「新潟」の日本酒を知ろう。おすすめの銘柄も!

酒どころ「新潟」の日本酒を知ろう。おすすめの銘柄も!

新潟は、おいしい米と綺麗な水に恵まれ、そのお米と水から作られるおいしい日本酒も、とても種類が豊富です。数多くの有名銘柄があり、日本酒生産量もトップクラスの新潟。ここでは特におすすめの新潟・長岡市の日本酒をご紹介します。絶品な新潟のお酒で晩酌したり、お土産として選んでみてはいかがでしょうか?

人気の純米酒の魅力とは。純米酒の種類と楽しみ方を知ろう

人気の純米酒の魅力とは。純米酒の種類と楽しみ方を知ろう

日本酒はあまり詳しくない人でも「純米酒」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本酒には、米と米麹、水のみで作られる純米酒と、醸造アルコールを添加した吟醸酒や本醸造酒に分類されます。米本来の旨味やふくよかな香りが楽しめる純米酒の種類や楽しみ方、久保田おすすめの純米酒をご紹介します。

お酒を楽しむ基礎知識〜純米酒や大吟醸など日本酒の種類を解説〜

お酒を楽しむ基礎知識〜純米酒や大吟醸など日本酒の種類を解説〜

お酒には、ビール、日本酒、焼酎、ウィスキーなどさまざまな種類があります。その中でも日本酒は、近年世界的に人気となっており、種類も銘柄も多いお酒のひとつです。この記事では、日本酒は好きだけど詳しいことは知らないという方に、日本酒の種類ごとに特徴をわかりやすく解説していきます。

キャンプがもっと好きになる。おすすめのお酒と楽しみ方

キャンプがもっと好きになる。おすすめのお酒と楽しみ方

自然に囲まれたロケーションの中でいただく料理はおいしいものですが、そこにお酒が加われば、さらに格別の味わいになります。この記事では、キャンプでお酒を楽しみたい方に向けて、シーンごとのお酒の楽しみ方、キャンプに持って行きたいおすすめの日本酒などをたっぷりご紹介します。

日本酒「久保田 千寿」を紹介。特徴・味わい・美味しい飲み方とは

日本酒「久保田 千寿」を紹介。特徴・味わい・美味しい飲み方とは

日本酒「久保田」は日本酒好きの間では有名な銘柄です。一度は名前を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。この久保田はさらにいくつかの種類に分かれており、それぞれ味わいが異なります。今回は久保田の中でも特に人気の高い商品である「久保田 千寿」について、その特徴や味わいとともに、美味しい飲み方などを紹介します。

日本酒のカロリーを解説。他のお酒との比較や上手な付き合い方

日本酒のカロリーを解説。他のお酒との比較や上手な付き合い方

お酒は太るものとイメージしている人は多いのではないでしょうか。特にお酒の中でも日本酒はお米が原料のため、ご飯と同様にカロリーが高いイメージを持つ人もいるようです。そこでこの記事では、日本酒のカロリーについて詳しくご紹介します。日本酒を飲む際の上手なたしなみ方もあわせてご紹介します。

香りが魅力の吟醸造り。製法や吟醸酒の楽しみ方をご紹介

香りが魅力の吟醸造り。製法や吟醸酒の楽しみ方をご紹介

甘くさわやかな香りが特徴の吟醸酒は、上品なイメージのある日本酒です。吟醸酒は「吟醸造り」という製法で造られていますが、飲んだことがあっても詳しくは知らないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、素材や製造方法などを吟味しておいしい日本酒を造り出す「吟醸造り」について詳しくご紹介していきます。

初心者でも飲みやすい日本酒とは。選び方のポイントを解説

初心者でも飲みやすい日本酒とは。選び方のポイントを解説

日本酒の味わいは多種多様。甘口のもの、辛口のもの、軽やかなものから濃厚なものまで・・・種類も豊富な日本酒は、選ぶのが難しいと感じる方もいるかもしれませんね。たくさんの日本酒の中から、自分に合ったお気に入りの一本を選んでみませんか。この記事では、普段日本酒をあまり飲まない方向けに、日本酒の基礎知識と飲みやすい日本酒の選び方をご紹介します。

お酒の賞味期限はどれくらい?目安や保存方法を解説

お酒の賞味期限はどれくらい?目安や保存方法を解説

うっかりしてお酒を長期間放置してしまったことはありませんか?お酒には賞味期限が書かれていないものも多いので、あまりにも長い期間が経っていると飲んでも大丈夫なのか悩んでしまうこともあるでしょう。ここでは、お酒の賞味期限の目安や保存方法を種類別にご紹介します。ご自宅に置いているお酒が飲めるかどうか、判断に迷ったときはぜひ参考にしてみてください。

日本酒のアルコール度数とは。その平均など気になる疑問をまとめて解決

日本酒のアルコール度数とは。その平均など気になる疑問をまとめて解決

知れば知るほど奥の深い日本酒の世界。中でもアルコール度数に関しては、「15度以上16度未満」など曖昧な表現があったり、ビールなどのパーセント(%)表示と異なっていたりと、わかりにくさを感じる方も多いのではないでしょうか。この記事では、日本酒のアルコール度数にまつわる情報をわかりやすく解説します。また、アルコール度数によって変わる日本酒の楽しみ方についてもお伝えします。