日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

お酒の賞味期限はどれくらい?目安や保存方法を解説
2020.03.17

知る

お酒の賞味期限はどれくらい?目安や保存方法を解説

うっかりしてお酒を長期間放置してしまったことはありませんか?お酒には賞味期限が書かれていないものも多いので、あまりにも長い期間が経っていると飲んでも大丈夫なのか悩んでしまうこともあるでしょう。ここでは、お酒の賞味期限の目安や保存方法を種類別にご紹介します。ご自宅に置いているお酒が飲めるかどうか、判断に迷ったときはぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. お酒の賞味期限はどれくらい?
    1. ビール・チューハイ
    2. 日本酒
    3. ワイン
    4. 焼酎・ウイスキーなどの蒸留酒
    5. リキュール
  2. 適切な保存でお酒の劣化を防ごう
    1. 冷暗所は大前提
    2. 日本酒は種類によって保存方法が異なる
  3. 賞味期限が切れたお酒の活用術
    1. ビールは掃除に大活躍
    2. 日本酒やワインは料理や美容に
  4. 適切な保存でお酒を長く美味しく

お酒の賞味期限はどれくらい?

お酒と一口に言っても、その種類はさまざま。賞味期限もお酒の種類によって大きく異なります。まずは、主要なお酒の賞味期限の目安を見ていきましょう。

ビール・チューハイ

ビールやチューハイは、瓶や缶に賞味期限が記載されていることがほとんどなので賞味期限に迷うことは少ないでしょう。賞味期限の目安は、ビールは約9か月、缶チューハイは約1年。この期間内であれば、基本的には美味しく飲めるとされています。ですが、これは適切な場所で保管をしていた場合の話。あまりにも高温、低温の場所に置いていた場合などは、長期間放置せず賞味期限よりも早めに飲むことが望ましいです。

日本酒

日本酒には賞味期限の表記がないため、飲んで良いのか迷った方も多いのではないでしょうか。実は日本酒には、明確な賞味期限は存在しません。ただし、日本酒は賞味期限の代わりに製造年月を記載することが義務付けられています。製造年月とは、日本酒が容器に詰められた日のこと。その製造年月を目安に、大体の賞味期限を知ることが可能です。

適切な場所で保管された未開栓の日本酒の場合だと、製造年月から約半年~1年程度は美味しく飲むことができるとされています。たとえこの期間を過ぎていたとしても飲めないことはないのですが、徐々に熟成が進み、味わいが変化するため、なるべく早めに飲むことが望ましいです。
また、開栓済みの日本酒の場合は、約2週間を目安に早めに飲み切ってしまいましょう。これは、一度開栓すると熟成が進みやすくなり、味わいが変化する可能性が高いためです。

ワイン

日本酒と同じ、醸造酒に分類されるワインにも賞味期限は存在しません。また、ワインの場合は賞味期限ではなく、飲み頃といった表現がされることが多いのも特徴的です。飲み頃は数年~10年以上と幅広く、ワインの種類によって大まかな目安があります。

量販店などで買えるお手頃価格のワインは、店頭に並んでいる時が飲み頃です。買ってすぐ、早めに飲む方が良いでしょう。未開栓の場合、赤ワインは2~3年、白ワインは1~2年ほど。スパークリングワインの場合はガスが抜けたり、コルクの腐食が起こる可能性があるので遅くても1~2年以内に飲むことが望ましいです。
高級ワインは熟成させて飲む方が美味しいものもあり、産地や品種によって飲み頃も大きく異なります。中には、10年~100年と飲み頃期間が長いワインも存在します。高級ワインを購入する際は、飲み頃を確認しておくことをおすすめします。

焼酎・ウイスキーなどの蒸留酒

ウイスキーや焼酎をはじめとする蒸留酒は、アルコール度数が高く菌が繁殖できないため賞味期限が存在しません。正しい保存方法を守れば、比較的長期間品質を維持しやすいお酒とも言えます。

ただし、コルクで栓がされているものはコルクの劣化に注意が必要です。あまりにも長期間置いていると、コルクの弾力性が衰え栓が開けにくくなったり、中身が漏れ出る可能性があります。また、一度開栓したものはアルコール成分や香りが飛んでしまう恐れがあるので、早めに飲むようにしましょう。
ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったアルコール度数の高いお酒も同様です。

リキュール

カクテルを作る際に使われるリキュールは、アルコールと砂糖の他に、さまざまな原料が使われています。原料によって賞味期限は大きく異なりますが、基本的にアルコール度数の高いものは長持ちしやすいと考えて良いでしょう。ただし、飲むことはできても風味が損なわれてしまう可能性があるので、長期間の保存はなるべく避けることをおすすめします。
また、原料にクリームやフルーツを使用したリキュールには注意が必要です。他のリキュールと比較すると、傷みやすい傾向にあるため購入後は早めに使いきるようにしましょう。

適切な保存でお酒の劣化を防ごう

賞味期限の部分でも少し触れたように、お酒は保存状態によっても味が大きく左右される繊細な飲み物です。正しい保存方法とはいったいどんな方法でしょうか。お酒の味を劣化させにくい保存方法をご紹介します。

冷暗所は大前提

お酒は日光や高温の影響で味が変わると言っても過言ではありません。どのお酒であっても、紫外線が当たらない冷暗所で保存することが大前提です。
また、お酒の注意書きにはしっかりと目を通すようにしておきましょう。要冷蔵と記載のあるものは、必ず冷蔵庫で保存するようにしてください。要冷蔵の記載がないものは常温保存が可能ですが、温度変化の少ない冷暗所での保存がおすすめです。

日本酒は種類によって保存方法が異なる

日本酒は、種類によって適した保存方法が異なるのをご存知でしょうか。それぞれの適切な保存方法によって、味わいや香りを維持しやすくなります。
生酒はフレッシュさを、大吟醸酒の場合は香味の調和を保つために、冷蔵での保存がおすすめされています。
冷蔵庫での保存はなるべく開閉の頻度が少ない所に置くのが望ましいですが、家庭用の冷蔵庫ではなかなか難しいでしょう。そのような場合はお酒を新聞紙に包むか、化粧箱に入れて保存してください。ドアの開閉の影響や、光を受けにくくなります。

純米酒や普通酒の場合も、前述したように冷暗所が大前提。開栓後に保存する際は、寝かさずに立てて置くようにして、冷蔵で保存するお酒と同様に新聞紙や化粧箱で保護しましょう。

賞味期限が切れたお酒の活用術

うっかり長期間放置してしまったお酒。そのまま捨てずに、他のことに活用する方法もあります。賞味期限が切れたお酒の活用例をご紹介します。

ビールは掃除に大活躍

ビールに含まれているアルコールとビタミンEを利用して、油汚れの掃除をしてみてはいかがでしょうか。アルコールは油を柔らかくし、ビタミンEは油汚れを分解する性質を持っています。そのため、コンロなどの油汚れの掃除に最適です。使用方法も簡単。布などにビールを含ませて、汚れが気になる部分を拭き掃除するだけ。最後に水拭きをして完了です。

一つ気を付けておきたいのは、ビールを掃除に使用した後はしっかりと水拭きをすること。アルコールをしっかりと取り除くようにしましょう。
また、家具などにも使えますが変色の可能性はないとは言い切れません。目立たない部分で一度使用してみて、チェックするのをおすすめします。

日本酒やワインは料理や美容に

日本酒やワインは、酸味と甘味のバランスや、香りが良いのが嬉しいポイント。煮物などに使用したり、お酒の風味がほしいときに大活躍してくれます。
また、日本酒とワインは美容にも活用できます。お風呂に少量入れて日本酒風呂やワイン風呂を楽しむのもおすすめです。香りも良く、リラックスして温まれるので心身が癒されます。

適切な保存でお酒を長く美味しく

賞味期限や保存方法も奥が深いお酒の世界。種類に応じた保存をすることで、上質な味を長く維持できます。ぜひご自宅で保管されているお酒をチェックしてみてください。適切な保存をして、美味しいお酒を楽しみましょう。