日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

お酒好きな人に喜ばれるお歳暮を紹介。今年おすすめの日本酒はこれ
2020.09.15

探す

お酒好きな人に喜ばれるお歳暮を紹介。今年おすすめの日本酒はこれ

お歳暮は、お世話になった人に一年の感謝を込めて贈るものです。お酒好きな人には、お歳暮として日本酒を贈ると喜ばれるはず。こちらの記事では、お歳暮の時期やマナーといった基本情報を始め、お歳暮でお酒を選ぶ時のポイントや、お歳暮におすすめの日本酒を紹介します。

目次

  1. お歳暮の時期や相場
    1. お歳暮の基本情報
    2. お歳暮を贈る時期の目安
    3. お歳暮として贈る品物の相場
  2. お歳暮を贈る時のマナーと注意点
    1. 送り状とお礼状のマナーを事前に確認する
    2. 贈るタイミングに配慮する
    3. 喪中の人に贈る場合は、時期や言葉に注意する
    4. お歳暮の定番商品
  3. お酒を選ぶ時のポイント
    1. 少し贅沢な縁起の良いお酒を贈る
    2. 日本酒なら4合瓶を選んで贈る
    3. 飲み比べができるお酒を贈る
    4. おつまみがセットのお酒を贈る
  4. お歳暮に喜ばれる、おすすめのお酒3選
    1. 久保田 萬寿
    2. 洗心
    3. 朝日山 天籟 越淡麗 純米大吟醸
  5. お歳暮に贈るお酒に一年の感謝を込めて

お歳暮の時期や相場

四角の箱を包んだ赤い風呂敷

お世話になった人に一年の感謝を込めて贈るお歳暮は、江戸時代から現代までに伝わる日本の習慣です。こちらでは、お歳暮を贈る範囲や贈る時期、品物の相場を紹介します。

お歳暮の基本情報

お歳暮はもともと「年の暮れ」を表す言葉で、年神へのお供え物を、年の暮れに本家や家元に持っていく行事でした。
その後、時代が流れるにつれ、現在のように年の瀬が近づく頃に贈るように変化しました。お歳暮を贈る主な相手は、取引先や会社の上司、親戚や仲の良い友人などです。

お歳暮を贈る時期の目安

お歳暮を贈る時期は、地域によって若干の違いがあります。贈る時期の目安は以下の通りです。

・東日本:11月下旬~12月20日頃
・西日本:12月13日~20日頃

お歳暮は、相手の住んでいる地域の時期に合わせて贈りましょう。  

お歳暮として贈る品物の相場

お歳暮の相場は、3,000円~5,000円ほどです。価格が高い物を贈ると相手に気を遣わせてしまう恐れがあるため、贈る相手によって金額を変える方法もあります。

例えば、親戚や身内、取引先や友人は3,000円、上司などへは5,000円ほどの品物を選ぶと良いでしょう。特にお世話になった人へは、感謝の気持ちを込めた10,000円程度の品物を贈ることもあります。

お歳暮を贈る時のマナーと注意点

風呂敷で包んだ箱をもった和服・着物の女性

お歳暮を贈る際は、マナーや注意点を把握しておくことが大切です。こちらでは、お歳暮を贈る時のマナーと注意点、お歳暮の定番商品を紹介します。

送り状とお礼状のマナーを事前に確認する

送り状とは、相手に感謝の気持ちとお歳暮を贈ることを伝える手紙のことです。送り状がないことをマナー違反と感じる人も多いため、お歳暮を贈る際は感謝の言葉を添えた手紙を送りましょう。

一方のお礼状とは、お歳暮を受け取ったことに対するお礼を伝える手紙のことで、お歳暮が届いたらすぐに出すのがマナーとされています。お歳暮の時期になったら、送り状とお礼状のマナーを早めに確認しておくと、いざという時に慌てなくて済みます。

贈るタイミングに配慮する

お歳暮は相手に迷惑がかからないタイミングで贈ることも大切です。可能な場合は、相手の予定を事前に確認すると良いでしょう。お正月用の生鮮食品をお歳暮として贈る場合は、相手の冷蔵庫の容量を確認する、もしくは家族が集まるであろうお正月の間際に贈るなどの配慮をすると、相手の負担を軽減できます。

相手が忙しく、なかなかお歳暮の品物を受け取れないことが想定できる場合は、好きなタイミングで注文できるカタログギフトや、美味しく飲める期間が長いお酒などがおすすめです。    

喪中の人に贈る場合は、時期や言葉に注意する

お歳暮は一年の感謝の気持ちを伝えるものなので、喪中の人に贈っても問題ありません。ただし、おめでたい印象が強い紅白の水引が付いたのし紙は使用せず、無地の短冊に表書きと名入れだけを行います。送り状などの手紙を同封する場合は、おめでたい言葉を避けてください。

また、忌中(四十九日の間)は避けるようにしましょう。忌明け(四十九日後)に贈る時や、 年内に忌中が明けない場合は松の内が過ぎたタイミングで、「寒中御見舞」として贈るなど、時期にも注意しましょう。ちなみに、松の内とはお正月を祝う期間のことで、東日本では1月7日、西日本では1月15日までを指すことが多いです。

お歳暮の定番商品

お歳暮として贈る品物は、ハムやソーセージ、蟹や牡蠣といった食べ物、コーヒーやお茶、ジュースなどの飲料類、チョコレートや和菓子といったスイーツ類、そしてビールや日本酒といった酒類が定番です。特に日本酒を始めとした酒類は、家族が集まる年末年始にぴったり。相手の家族構成や趣味趣向も考慮して選ぶと、より一層喜んでもらえることでしょう。

お酒を選ぶ時のポイント

棚に並んだ日本酒の瓶

お歳暮の定番商品として知られるお酒。そのなかでも日本酒はお祝い事で飲まれるお酒なので、お正月前に届くお歳暮にうってつけです。こちらでは、お歳暮としてお酒を贈る際の選び方のポイントをお届けします。

少し贅沢な縁起の良いお酒を贈る

日本酒をお歳暮として贈る時は、少し贅沢なお酒をチョイスして特別感を演出してみましょう。一年が始まるお正月に特別な日本酒を飲むと、新年の幕開けがさらに素晴らしい瞬間になります。

「お祝いの言葉」や「長寿を願う」という意味がある「寿」や、「鶴」「亀」など、縁起の良い単語が名前に入っているお酒もお歳暮にぴったり。「新年がより良い年になりますように」といった願いを込めて、縁起の良い名前のお酒を飲むのも粋な過ごし方です。

日本酒なら4合瓶を選んで贈る

日本酒は1,800mlの一升瓶や、720mlの4合瓶などのサイズがあります。お歳暮として日本酒を贈るなら、貰った側が冷蔵保管する時に困らない4合瓶がベスト。他の日本酒と飲み比べをする時にぴったりなサイズ感でもあります。

飲み比べができるお酒を贈る

日本酒は味の違いを楽しめるお酒なので、お酒好きな人に贈るお歳暮は飲み比べができるセットもおすすめです。飲み比べセットの価格は幅広いので、予算内で購入できるお酒が見つかるはず。事前に日本酒の好みを確認できると、相手のツボを押さえたお酒を贈れます。

おつまみがセットのお酒を贈る

お歳暮の品物として、お酒とおつまみがセットになっている商品も豊富に揃っています。海鮮や肉に、生ものから缶詰まで、相性の良いさまざまなおつまみがセットになっていることが多いため、お酒好きな人でも満足してくれるはずです。

お歳暮に喜ばれる、おすすめのお酒3選

お屠蘇が入った盃

日本酒と一口に言っても、「純米酒」「本醸造酒」「吟醸酒」など種類はさまざまで、それぞれ違った味わいや香りを楽しめます。お正月などの特別な時間には、上質な日本酒が似合います。こちらでは、お歳暮として贈ると喜ばれる、おすすめの日本酒を3つ紹介します。

久保田 萬寿

久保田 萬寿

華やかな香りと重厚な味わいが重なり合い、複雑で深みのある口当たりが広がる純米大吟醸酒。
冷酒や冷やはもちろん、寒い冬は「ぬる燗」もおすすめです。温めることで、ふくよかな香りが引き立ちます。
特別な時間のために造られたお酒なので、大切な人に贈るお歳暮にぴったりです。

希望小売価格(税抜)
1,800ml    8,110円
720ml    3,640円

洗心

洗心

契約栽培米「たかね錦」を28%まで磨いてから醸し、じっくりと熟成させたことで、洗練されたふくらみを感じられる純米大吟醸酒。繊細でやわらかな口当たりと、淡麗な味わいが特長です。

「洗心(せんしん)」は、初心に戻り、人を尊びきらめき生きる様を指します。その名前の通り、新たな年の始まりであるお正月や、人生の転機にぴったりの特別なお酒です。

希望小売価格(税抜)
1,800ml    11,000円
720ml    5,200円

朝日山 天籟 越淡麗 純米大吟醸

朝日山 天籟 越淡麗 純米大吟醸

酒どころの新潟県で育まれた、酒造好適米「越淡麗(こしたんれい)」を100%使用している純米大吟醸酒です。バナナやリンゴを連想させる甘い香りや、ふくよかな旨味とキレの両方を楽しめる上品な味わいが特長。新潟県の風土が育んだ米、上質な水、蔵人の技術と知恵が詰まった「朝日山」の最高峰です。

希望小売価格(税抜)
1,800ml    10,000円
720ml    5,000円

お歳暮に贈るお酒に一年の感謝を込めて

とっくりからおちょこに注がれる日本酒

日本酒は古くからお祝い事の時に飲まれていたお酒なので、お歳暮にぴったりです。相手のことを考えた上で日本酒をお歳暮として贈れば、きっと相手も喜んでくれるはず。日本酒に一年の感謝の気持ちを込めて、お歳暮として贈ってみてはいかがでしょうか。