日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

久保田

変わりゆく時代、挑戦を重ねる中で生まれた13種類の久保田~「久保田」誕生物語~

変わりゆく時代、挑戦を重ねる中で生まれた13種類の久保田~「久保田」誕生物語~

2020年、朝日酒造は会社創立100周年、代表銘柄「久保田」は発売35周年を迎えました。1985年に「久保田 百寿」「久保田 千寿」が、その翌年に「久保田 萬寿」が誕生しました。今回は萬寿の開発ストーリーとともに、その後誕生した10種類の「久保田」含める全13種類についてご紹介します。

「酒米・精米・酵母」のバランスから生まれた“究極の萬寿”─「久保田 萬寿 自社酵母仕込」が目指した、おいしさのその先

「酒米・精米・酵母」のバランスから生まれた“究極の萬寿”─「久保田 萬寿 自社酵母仕込」が目指した、おいしさのその先

2020年5月、朝日酒造は会社創立100周年、そして「久保田」発売35周年を迎えます。その記念すべきタイミングで、「久保田」を象徴する新たな一本が誕生しました。それが新商品「久保田 萬寿 自社酵母仕込」です。「酒米」と「精米」、そして「酵母」の3要素に注目し、「久保田 萬寿 自社酵母仕込」の魅力に迫ります。

日本酒の吟醸香とは?芳しい香りの理由と魅力を解説

日本酒の吟醸香とは?芳しい香りの理由と魅力を解説

日本酒、とりわけ大吟醸酒や純米大吟醸酒を飲むと、華やかでフルーティーな香りに気づくことがあります。こうした香りは吟醸香(ぎんじょうか)と呼ばれていますが、米を原料とする日本酒なのにどうしてフルーツのような香りがするのか、疑問に思う人もいるでしょう。この記事では、吟醸香が生まれる理由やその特徴をわかりやすく解説。さらに、芳しい吟醸香で人気の日本酒をあわせてご紹介します。

本醸造酒の飲み方やおすすめ銘柄をご紹介

本醸造酒の飲み方やおすすめ銘柄をご紹介

日本酒は米の精米歩合や製造方法に決まりがある「特定名称酒」と、それ以外の「普通酒(一般酒)」に大きく分かれています。「特定名称酒」はそこからさらに「本醸造酒」「吟醸酒」「純米酒」の3つに分かれます。この記事では「本醸造酒」の特徴や飲み方、おすすめの本醸造酒などをご紹介します。

フルーティーな日本酒が人気!好相性の料理やおすすめ銘柄も紹介

フルーティーな日本酒が人気!好相性の料理やおすすめ銘柄も紹介

華のあるフルーティーな香りを持つ日本酒の人気が高まっています。味わいも軽やかで飲みやすいものが中心であることから、日本酒の奥深い世界を日頃から存分に楽しんでいる人たちだけでなく、日本酒をあまり飲み慣れていない女性や若者などにも好まれているというのも注目すべき点です。本記事では、フルーティーな日本酒とはどういった日本酒を指すのか、どのような料理が合うのか、おすすめの銘柄などについてご紹介します。

日本酒エキスパートが教える「久保田」の魅力!あなたにピッタリな一本はどれ?

日本酒エキスパートが教える「久保田」の魅力!あなたにピッタリな一本はどれ?

「『久保田』という有名な日本酒があることは知ってる」「でも、種類が多いしどれを選べばいいのか分からない…」そんな思いを抱えている「久保田」ビギナーって意外に多いのではないでしょうか。そこで、今回は久保田の新しい美味しさ・楽しみ方を体験できる「未来日本酒店/KUBOTA SAKE BAR」の店長に、久保田の魅力を徹底レクチャーしてもらいました。

2020年は「久保田」のアニバーサリーイヤー!朝日酒造×未来日本酒店×SAKETIMESのコラボイベントで語られた「久保田」の進化

2020年は「久保田」のアニバーサリーイヤー!朝日酒造×未来日本酒店×SAKETIMESのコラボイベントで語られた「久保田」の進化

2019年11月に渋谷PARCOにオープンした、「未来日本酒店/KUBOTA SAKE BAR」。AIを用いた日本酒の味覚判定サービス「YUMMY SAKE」を展開する酒屋・未来日本酒店と朝日酒造のコラボ店で、まさに、久保田の新たな展開を象徴する場所です。そこで行われた朝日酒造×未来日本酒店×SAKETIMESのトークセッションの様子をレポートします。

新商品「久保田 千寿 純米吟醸」に込めた酒造りへの想い─ 創立100周年に向けてブランドリニューアルを進める朝日酒造

新商品「久保田 千寿 純米吟醸」に込めた酒造りへの想い─ 創立100周年に向けてブランドリニューアルを進める朝日酒造

2019年9月、朝日酒造は代表銘柄「久保田」のブランドリニューアルを発表し、第1弾として、料飲店先行発売の新商品「久保田 千寿 純米吟醸」を発売しました。「久保田」を作っているのは、「朝日蔵」と「松籟蔵」というふたつの蔵。現場を取り仕切る杜氏の言葉から、朝日酒造に受け継がれてきた醸造哲学と「久保田」のリニューアルに挑む意気込みに迫ります。

「久保田」が初のブランドリニューアル─ お客様に「常に進化する美味しさ」を届ける

「久保田」が初のブランドリニューアル─ お客様に「常に進化する美味しさ」を届ける

2020年は朝日酒造の会社創立100周年、そして「久保田」の発売35周年という節目。それに合わせて、「久保田」のブランドリニューアルを発表しました。「常に進化する」という言葉には、どのような思いが込められているのか。そして、久保田がこれから歩む道とは。マーケティング部部長の渡邉が話します。

焚き火を囲んで飲む日本酒を造りたい─ 朝日酒造とスノーピークがアウトドアで楽しむ「久保田 雪峰」に込めた想い

焚き火を囲んで飲む日本酒を造りたい─ 朝日酒造とスノーピークがアウトドアで楽しむ「久保田 雪峰」に込めた想い

他社とのコラボを一切してこなかった「久保田」に、2017年に初めて共同開発した商品が誕生しました。同じ新潟に本社があるアウトドアブランド「スノーピーク」とともに、新たな日本酒「久保田 雪峰」を共同開発したのです。なぜ協業の一歩を踏み出したのか。スノーピークが、なぜ朝日酒造をパートナーに選んだのか。その背景を紐解きます。

25年ぶりの通年商品発売から1年─ 「久保田 純米大吟醸」の現在を酒屋が語る

25年ぶりの通年商品発売から1年─ 「久保田 純米大吟醸」の現在を酒屋が語る

25年ぶりの通年商品として、2018年4月に発売された「久保田 純米大吟醸」は、久保田らしいキレや透明感を充分に残しながらも、華やかな香りという新たな方向性で、従来のファンを驚かせました。発売開始から1年、「久保田 純米大吟醸」は、どのように受け入れられているのか。君嶋屋さんに話を伺いました。

“淡麗辛口”だけでは語れない美味しさを求めて─「久保田」の朝日酒造が歩み始めた変革の道

“淡麗辛口”だけでは語れない美味しさを求めて─「久保田」の朝日酒造が歩み始めた変革の道

2020年の朝日酒造の会社創立100周年、そして「久保田」の発売35周年に合わせ、「久保田」のブランドリニューアルを発表。「久保田」を造り続けてきた朝日酒造が、変革の時を迎えようとしています。日本酒の一時代を築いた酒蔵は、なぜこのタイミングで新たな試みに取り組むのか、ご紹介します。

酒どころ「新潟」の日本酒を知ろう。おすすめの銘柄も!

酒どころ「新潟」の日本酒を知ろう。おすすめの銘柄も!

新潟は、おいしい米と綺麗な水に恵まれ、そのお米と水から作られるおいしい日本酒も、とても種類が豊富です。数多くの有名銘柄があり、日本酒生産量もトップクラスの新潟。ここでは特におすすめの新潟・長岡市の日本酒をご紹介します。絶品な新潟のお酒で晩酌したり、お土産として選んでみてはいかがでしょうか?

キャンプがもっと好きになる。おすすめのお酒と楽しみ方

キャンプがもっと好きになる。おすすめのお酒と楽しみ方

自然に囲まれたロケーションの中でいただく料理はおいしいものですが、そこにお酒が加われば、さらに格別の味わいになります。この記事では、キャンプでお酒を楽しみたい方に向けて、シーンごとのお酒の楽しみ方、キャンプに持って行きたいおすすめの日本酒などをたっぷりご紹介します。

日本酒「久保田 千寿」を紹介。特徴・味わい・美味しい飲み方とは

日本酒「久保田 千寿」を紹介。特徴・味わい・美味しい飲み方とは

日本酒「久保田」は日本酒好きの間では有名な銘柄です。一度は名前を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。この久保田はさらにいくつかの種類に分かれており、それぞれ味わいが異なります。今回は久保田の中でも特に人気の高い商品である「久保田 千寿」について、その特徴や味わいとともに、美味しい飲み方などを紹介します。

香りが魅力の吟醸造り。製法や吟醸酒の楽しみ方をご紹介

香りが魅力の吟醸造り。製法や吟醸酒の楽しみ方をご紹介

甘くさわやかな香りが特徴の吟醸酒は、上品なイメージのある日本酒です。吟醸酒は「吟醸造り」という製法で造られていますが、飲んだことがあっても詳しくは知らないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、素材や製造方法などを吟味しておいしい日本酒を造り出す「吟醸造り」について詳しくご紹介していきます。

初心者でも飲みやすい日本酒とは。選び方のポイントを解説

初心者でも飲みやすい日本酒とは。選び方のポイントを解説

日本酒の味わいは多種多様。甘口のもの、辛口のもの、軽やかなものから濃厚なものまで・・・種類も豊富な日本酒は、選ぶのが難しいと感じる方もいるかもしれませんね。たくさんの日本酒の中から、自分に合ったお気に入りの一本を選んでみませんか。この記事では、普段日本酒をあまり飲まない方向けに、日本酒の基礎知識と飲みやすい日本酒の選び方をご紹介します。