日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

秋のフルーツを使ったスイーツと日本酒を楽しむ。おすすめの銘柄も紹介
2020.10.05

楽しむ

秋のフルーツを使ったスイーツと日本酒を楽しむ。おすすめの銘柄も紹介

フルーツと日本酒を合わせると、それぞれの持つ甘味や酸味が一体となって新たな味わいが生まれます。特に、秋に旬を迎えるフルーツには甘味や旨味が凝縮されており、日本酒とのペアリングをぜひ試していただきたいところ。そこで本記事では、おすすめの秋のフルーツを使ったスイーツ、日本酒カクテルの作り方、おすすめの銘柄などを紹介します。

目次

  1. 日本酒×スイーツの知っておきたいポイント
    1. 日本酒×スイーツの組み合わせの人気が上昇
    2. 日本酒を飲んでいる時にスイーツを欲する理由
    3. 日本酒はスイーツとの相性が良い
  2. 秋のフルーツを使ったスイーツと一緒に
    1. 日本酒とスイーツを合わせる際のコツ
    2. 日本酒×秋のフルーツを使った洋菓子
    3. 日本酒×秋のフルーツを使った和菓子
  3. 秋のフルーツを使ったカクテルで楽しむ
    1. カクテル①マスカット入り
    2. カクテル②いちじく入り
    3. カクテル③日本酒サングリア
  4. スイーツと一緒に楽しみたい日本酒3選
    1. 久保田 純米大吟醸
    2. 久保田 千寿 秋あがり
    3. 香里音
  5. 日本酒とスイーツの新たな出会いを楽しんで

日本酒×スイーツの知っておきたいポイント

スイーツとグラスに入った日本酒

まずは、日本酒とスイーツを組み合わせて楽しむために知っておきたいポイントや、日本酒とスイーツの相性について紹介します。

日本酒×スイーツの組み合わせの人気が上昇

以前は「お酒を飲む人はスイーツを食べない」というイメージがありましたが、最近は日本酒とスイーツを合わせる人が増えています。もともと欧米ではお酒を飲んだ後に甘いスイーツを食べる習慣があり、実はお酒とスイーツは好相性です。

日本酒を飲んでいる時にスイーツを欲する理由

お酒を飲んでいるときや飲み終わった後、なんだか無性に甘いものを食べたくなることがあります。これは、体内でアルコールを分解する際に糖分が消費され、軽い低血糖状態になるため。体は足りない糖分を補おうとして、自然とスイーツなどの甘いものを欲するのです。ちなみに、お酒の後にラーメンなどを食べたくなるのも、これと同じ仕組みです。

日本酒はスイーツとの相性が良い

日本酒と相性が良いのは和菓子だけでなく、洋菓子も含めたスイーツ全般です。中には、フレンチのコース料理の締めくくりとしてスイーツが供される際、日本酒との組み合わせをすすめる店もあるそうです。さらに、日本酒×スイーツの相性の良さに注目した菓子メーカーなどがこぞって新商品を開発しており、チーズケーキ、チョコレート、マカロンなど多彩な日本酒スイーツが登場しています。

秋のフルーツを使ったスイーツと一緒に

久保田純米大吟醸といちじくのチーズサンド

こちらでは秋のフルーツを使ったスイーツの紹介や、日本酒との合わせ方のポイントについて紹介します。

日本酒とスイーツを合わせる際のコツ

日本酒にスイーツを合わせる場合は、日本酒の特徴を考えてみましょう。和菓子・洋菓子いずれも、日本酒の香り・味わいに近いものを選ぶのがペアリングのポイントです。例えば甘口の日本酒なら甘いスイーツ、酸味を感じる日本酒にはヨーグルトやチーズを使ったスイーツなど、日本酒の風味とスイーツの風味を合わせるとマッチします。

日本酒×秋のフルーツを使った洋菓子

秋にはいちじくやブドウ、梨など多くのフルーツが旬を迎えます。そんな旬のフルーツを使ったタルトと一緒に日本酒を味わってみてはいかがでしょうか。甘酸っぱいフルーツを使ったスイーツは、甘味と酸味がある日本酒とよく合います。

旬のフルーツをたっぷり挟んだ、フルーツサンドもおすすめです。日本酒に食パン?!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、日本酒もパンも発酵食品。相性は良く、パンのほのかな甘味が、日本酒本来の甘味を引き立てます。

日本酒×秋のフルーツを使った和菓子

穏やかな甘さの和菓子には、すっきりとした味わいの日本酒が、お米やあんこの風味をはっきり感じられる和菓子には、コクのある日本酒が相性が良いです。

秋は栗も美味しい季節。新潟の老舗和菓子店「越乃雪本舗大和屋」では、秋になると期間限定の「栗甘美」という栗羊羹が登場します。原材料には小豆や寒天を使わず、和栗と、風味をひきたてるため最小限のお砂糖、つなぎのみ。選び抜かれた栗だけを練り上げて作られた贅沢なお菓子には、上品な甘味の日本酒を合わせてみてはいかがでしょうか。

秋のフルーツを使ったカクテルで楽しむ

久保田 マスカット入りの日本酒カクテル

秋のフルーツは、日本酒カクテルにしても格別の味わいです。フルーツと合わせることで日本酒が飲みやすくなり、日本酒が苦手な人でもおいしく飲めます。日本酒カクテルには、フルーツを思わせるような華やかな香りの純米大吟醸などを使うのがおすすめです。

カクテル①マスカット入り

半分にカットしたマスカットをグラスに入れ、そこへ日本酒を注ぎます。作り方はとてもシンプルですが、日本酒の華やかな香りと、マスカットの瑞々しさが引き立ちます。マスカットをかじったときに感じられる日本酒の風味も格別です。

カクテル②いちじく入り

いちじくを好みの大きさにカットし、ガムシロップに一晩漬けます。飲む直前に、漬けたいちじくを適量、日本酒を注いだグラスに入れて完成。ガムシロップに漬けることでいちじくの酸味が落ち着き、まろやかな味わいに、コクのある日本酒と相性の良いアレンジです。

カクテル③日本酒サングリア

ワインで作るサングリアのように、日本酒に好みのフルーツを入れた「日本酒サングリア」もおすすめです。旬のナシなどのフルーツをカットしてグラスに入れ、日本酒を注げば完成です。日本酒の味わいと、歯触りの良いフルーツの爽やかな味わいを楽しめます。

スイーツと一緒に楽しみたい日本酒3選

同じスイーツでも、合わせる日本酒によって味わいが変わります。ここではスイーツと相性が良い日本酒を3つ紹介します。

久保田 純米大吟醸

久保田 純米大吟醸

香り、甘味、キレが融合した、新しい美味しさを追求したモダンでシャープな純米大吟醸酒。上質で華やかな香り、甘味と酸味が調和した味わい、久保田らしいキレのよさが、口の中でハーモニーを生み出します。上品な甘味は、フルーツやスイーツなどのデザートとも相性が良いです。

1,800ml 3,400円(化粧箱なし3,300円)
720ml 1,570円(化粧箱なし1,520円)
300ml 化粧箱なし750円

久保田 千寿 秋あがり

久保田 千寿 秋あがり

「久保田 千寿 秋あがり」は、冬に仕込んだ「久保田 千寿」の原酒を、秋までじっくりと熟成させました。冷やすとやわらかな酸味とキレが際立ち、常温ではとろりとした口当たりや旨味を堪能していただけます。
秋酒には、芋羊羹やさつまいもタルトなど秋スイーツを合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

希望小売価格(税抜)
720ml 1,450円

香里音

香里音

ブーケをイメージした華やかな香りと、フルーツを思わせる甘酸っぱい味わいを楽しめる新感覚の純米酒です。料理と合わせるなら酸味や甘味があるものが良く、いろいろなスイーツとも相性が良いので、ぜひ試してみてください。
バニラアイスにかけて楽しむのもおすすめです。

希望小売価格(税抜)
300ml    440円

日本酒とスイーツの新たな出会いを楽しんで

香里音とさつまいものスイーツ

日本酒とスイーツは、組み合わせ次第で新たな味わいが生まれます。普段から旬の食材と日本酒を楽しんでいる人も、今年の秋はいちじくやナシなどのフルーツを使ったスイーツと日本酒を一緒に味わってみるのはいかがでしょう。秋のフルーツを使ったスイーツと合わせれば、また違った角度から日本酒の魅力を再発見できるかもしれません。