KUBOTAYA

意外とやってない!? 米菓と日本酒のペアリング3選

意外とやってない!? 米菓と日本酒のペアリング3選

新潟県で造られている日本酒「久保田」と、同じく新潟県の食品メーカーの商品をともに味わうイベント「久保田JIMOTOペアリング」。先日行われた第1回目では、岩塚製菓の米菓と組み合わせました。日本酒ラバーたちも意外とやっていなかったこの組み合わせ。中でも人気だった3つのペアリングを、イベント参加者の熱いコメントとともにご紹介します。

おうちで簡単!本格お鍋レシピ|豚と白菜のミルフィーユ鍋

おうちで簡単!本格お鍋レシピ|豚と白菜のミルフィーユ鍋

寒い季節が近づいてくると、食べたくなるのがお鍋。ドリンク&フードクリエイター・青山金魚さんが考えた、おうちで簡単に作れるのに、本格的な味を楽しめる定番鍋レシピをご紹介します。家族皆と夕食で、友達と家飲みで、時には一人鍋で、色々なシーンでお楽しみください。「久保田 ゆずリキュール」で作った、ちょっと濃いめのゆずサワーにもぴったりですよ。

酒蔵に伝わる「酒造り唄」 その種類や代表的な唄を紹介

酒蔵に伝わる「酒造り唄」 その種類や代表的な唄を紹介

酒造りが本格化する季節。かつての酒蔵では、酒造りをしていると唄が聞こえてきました。「酒造り唄」と言って、酒造りの作業のリズムを作り、時間を測り、そして数を数えることができる唄です。今では機械化が進み、酒造り唄が歌われることは少なくなりましたが、酒造りの文化としての保存活動が行われています。酒造り唄を聞きながら、日本酒を味わうのも一興ですよ。

おうちで簡単!本格お鍋レシピ|牛しゃぶ

おうちで簡単!本格お鍋レシピ|牛しゃぶ

寒い季節が近づいてくると、食べたくなるのがお鍋。ドリンク&フードクリエイター・青山金魚さんが考えた、おうちで簡単に作れるのに、本格的な味を楽しめる定番鍋レシピをご紹介します。家族皆と夕食で、友達と家飲みで、時には一人鍋で、色々なシーンでお楽しみください。「久保田 ゆずリキュール」で作った、ちょっと濃いめのゆずサワーにもぴったりですよ。

おちょことは?素材ごとの特徴や味わいの違いも紹介

おちょことは?素材ごとの特徴や味わいの違いも紹介

日本酒をたしなむときに使われる「おちょこ」は、素材や形が違えば日本酒の味わいも変わる趣深い酒器です。本記事ではおちょこの語源をはじめ、種類やそれぞれの特性についてまとめています。初めての購入を考えている人は、紹介している素材ごとの特性をぜひ参考にしてください。

萬寿と千寿はどう違う?それぞれの造りや味わいを解説

萬寿と千寿はどう違う?それぞれの造りや味わいを解説

日本酒「久保田」は日本酒を飲まない人でも知っているほど、日本酒の中では有名な銘柄です。一度は名前を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。この久保田、実は現在16種類の商品が発売されており、それぞれ味わいが異なります。今回は久保田の中でも特に人気の高い商品である「久保田 萬寿」と「久保田 千寿」について、それぞれの違いをご紹介していきます。

五百万石とは?淡麗な日本酒を生み出す酒米を解説

五百万石とは?淡麗な日本酒を生み出す酒米を解説

日本酒は、米・米麹・水を主原料としたお酒です。この日本酒造りに合うように開発されたお米を「酒造好適米」または「酒米」と言います。その酒造好適米の中でも、山田錦に次いで有名なのが「五百万石」。五百万石について、その歴史や特徴、生産地のほか、五百万石を使った有名な日本酒も紹介します。

ホテル椿山荘東京×久保田が送る、一夜限りの和と伊のペアリングディナー

ホテル椿山荘東京×久保田が送る、一夜限りの和と伊のペアリングディナー

ホテル椿山荘東京と日本酒の「久保田」がコラボレーションし、30名限定のペアリングディナーを10月1日(金)に開催します。日本料理、イタリア料理を融合させたスペシャルコースが堪能できるこのイベント。座付から甘味まで計8皿と、7種類の久保田を楽しめるコースの中身を、ちょっとだけご紹介します。

日本酒と相性抜群!3種類のスパイスで作る旨辛スパイスカレー

日本酒と相性抜群!3種類のスパイスで作る旨辛スパイスカレー

「日本酒とスパイスカレー」、意外な組み合わせに思うかもしれませんが、これが意外と合うんです。スパイスの刺激的な香りが食欲をそそり、お酒もぐいぐい進みます!最近ではスパイスと日本酒のセミナーが開催されたり、スパイスと日本酒の専門店がオープンしたりと徐々に注目が集まっているペアリング。この夏は「スパイスカレーをつまみに日本酒を飲む」というオツな体験をしてみませんか?たった3種類のスパイスと手軽な材料で、簡単に作れるスパイスカレーのレシピをご紹介します!

日本酒の精米歩合とは?味わいを左右する「磨き」を解説

日本酒の精米歩合とは?味わいを左右する「磨き」を解説

精米歩合とは、精米する過程で玄米を削り残った割合を%で示したものであり、日本酒の味わいの決め手のひとつとなる重要なポイント。 日本酒を深く楽しむときに欠かせない「精米歩合」の基本から、精米歩合による味や香りの変化や日本酒の種類分けの基準、さらに精米方法の種類まで、詳しく紹介していきます。

ホテル椿山荘東京で楽しむ、日本酒香る和のアフタヌーンティー

ホテル椿山荘東京で楽しむ、日本酒香る和のアフタヌーンティー

非日常の空間の中で優雅な時間を楽しめることで人気の、高級ホテルのアフタヌーンティー。東京のホテルで初めてアフタヌーンティーを提供したと言われてる「ホテル椿山荘東京」が10月1日(金)から11月10日(水)まで平日限定で提供するのは、日本酒の「久保田」とコラボレーションした日本酒を活かした和のテイストのアフタヌーンティーです。日本酒好きの方にはもちろん、普段日本酒に馴染みのない方でも楽しめるアフタヌーンティーを楽しんでみてはいかがですか?

1 ... 5 6 7 ... 35
315 件

Ranking

1

酒蔵で働く社員直伝!二日酔い対策とは。次の日にお酒を残さないマル秘テクニック

酒蔵で働く社員直伝!二日酔い対策とは。次の日にお酒を残さないマル秘テクニック

せっかく美味しいお酒を楽しむなら、二日酔いのつらい症状は避けたいものです。本記事では、普段からお酒を造るだけではなく、飲む機会も多い酒蔵で働く社員が実践している「次の日にお酒を残さないマル秘テクニック」をたっぷり紹介します。

2

お酒の賞味期限はどれくらい?目安や保存方法を解説

お酒の賞味期限はどれくらい?目安や保存方法を解説

うっかりしてお酒を長期間放置してしまったことはありませんか?お酒には賞味期限が書かれていないものも多いので、あまりにも長い期間が経っていると飲んでも大丈夫なのか悩んでしまうこともあるでしょう。ここでは、お酒の賞味期限の目安や保存方法を種類別にご紹介します。ご自宅に置いているお酒が飲めるかどうか、判断に迷ったときはぜひ参考にしてみてください。

4

話題の「酒粕パック」でお肌しっとり!作り方や使い方について紹介、体験談も!

話題の「酒粕パック」でお肌しっとり!作り方や使い方について紹介、体験談も!

近年話題の「酒粕パック」は、自宅でも簡単に作ることができます。酒粕に精製水を加えるだけ。酒粕パックをすると、潤いと透明感のある肌に仕上がると言われています。本記事では酒粕パックの作り方やアレンジ方法、使い方、注意点などを紹介します。朝日酒造の女性社員が酒粕パックを実践した体験談も紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

5

日本酒は糖質が高い?糖質を気にせず楽しめる日本酒の飲み方

日本酒は糖質が高い?糖質を気にせず楽しめる日本酒の飲み方

日本酒は、米・米麹・水を原料として発酵させ、こしたもの。そのため、ほかのお酒に比べて糖質が高いイメージを持つ人もいるでしょう。近年ブームになっている糖質制限ダイエットの影響で、日本酒が好きでも飲むのを躊躇してしまうという人もいるかもしれません。この記事では、日本酒の糖質はどれくらいなのか、ほかのお酒に比べて糖質は高いのかについて解説。糖質を気にせず日本酒を楽しむ方法もあわせてご紹介します。

Recommended

NEW

意外とやってない!? 米菓と日本酒のペアリング3選

意外とやってない!? 米菓と日本酒のペアリング3選

新潟県で造られている日本酒「久保田」と、同じく新潟県の食品メーカーの商品をともに味わうイベント「久保田JIMOTOペアリング」。先日行われた第1回目では、岩塚製菓の米菓と組み合わせました。日本酒ラバーたちも意外とやっていなかったこの組み合わせ。中でも人気だった3つのペアリングを、イベント参加者の熱いコメントとともにご紹介します。

NEW

おうちで簡単!本格お鍋レシピ|豚と白菜のミルフィーユ鍋

おうちで簡単!本格お鍋レシピ|豚と白菜のミルフィーユ鍋

寒い季節が近づいてくると、食べたくなるのがお鍋。ドリンク&フードクリエイター・青山金魚さんが考えた、おうちで簡単に作れるのに、本格的な味を楽しめる定番鍋レシピをご紹介します。家族皆と夕食で、友達と家飲みで、時には一人鍋で、色々なシーンでお楽しみください。「久保田 ゆずリキュール」で作った、ちょっと濃いめのゆずサワーにもぴったりですよ。

NEW

酒蔵に伝わる「酒造り唄」 その種類や代表的な唄を紹介

酒蔵に伝わる「酒造り唄」 その種類や代表的な唄を紹介

酒造りが本格化する季節。かつての酒蔵では、酒造りをしていると唄が聞こえてきました。「酒造り唄」と言って、酒造りの作業のリズムを作り、時間を測り、そして数を数えることができる唄です。今では機械化が進み、酒造り唄が歌われることは少なくなりましたが、酒造りの文化としての保存活動が行われています。酒造り唄を聞きながら、日本酒を味わうのも一興ですよ。

Keywords