KUBOTAYA

気軽に手に入るスパイスを混ぜて、日本酒2.0の味を作ってみた!

気軽に手に入るスパイスを混ぜて、日本酒2.0の味を作ってみた!

まもなく冬本番!寒さで冷えた体を、日本酒とスパイスでととのえてみるのはいかがでしょうか?「そんなの邪道!」と思う方もいるかもしれませんが、スパイスを入れて日本酒を飲む風習は、実は平安時代からあったんです。 平安時代からある「お屠蘇(おとそ)」という飲み物は、ニッキ(シナモン)や山椒など数種類の食材を漬けこんだ薬草酒で、正月に無病息災を願い飲まれていました。今回は、日本酒の未知の味わいを楽しめる、古くて新しい日本酒×スパイスの3つのレシピを試してみました。

おうちクリスマスを盛り上げる、簡単おしゃれレシピ|たことじゃがいもの和ガリシア風

おうちクリスマスを盛り上げる、簡単おしゃれレシピ|たことじゃがいもの和ガリシア風

今年もおうちでクリスマスを過ごすという方も多いのではないでしょうか。そんなおうちクリスマスを盛り上げるのに欠かせないのは、おしゃれな料理やケーキにお酒。ドリンク&フードクリエイター・青山金魚さんが考えた、テーブルを華やかに彩る、簡単なのにおしゃれなレシピをご紹介します。さらに、今年はちょっと趣向を変えてスパークリング日本酒を合わせて、おうちクリスマスを素敵に過ごしましょう!

「美味しい」をつくる10の手――2人目 蒸す手 小林 利幸

「美味しい」をつくる10の手――2人目 蒸す手 小林 利幸

「久保田」などの日本酒を造る新潟の酒蔵、朝日酒造。品質本位の酒造りはそのままに、お客様の美味しさに挑戦しています。そんなお客様の「美味しい」を生み出すつくり手たちにインタビューします。彼らは「美味しい」にどんな想いで向き合っているのか、話を聞きました。第2回目は、蒸米を担う小林さんです。

帰歳暮にぴったり!酒蔵直営オンラインショップの売れ筋日本酒ランキング

帰歳暮にぴったり!酒蔵直営オンラインショップの売れ筋日本酒ランキング

昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響で、年末年始の帰省を控える人もいるかもしれません。そこで昨年から注目されているのが、帰省できない実家や家族に贈り物をする「帰省暮」。通販で買えば直接発送できることもあり、お歳暮を通販で購入している人も増えているようです。そこで、朝日酒造オンラインショップで昨年のお歳暮時期に売れた、人気の日本酒のランキングを紹介します。

予算5000円で贈れる、お歳暮におすすめの日本酒5選

予算5000円で贈れる、お歳暮におすすめの日本酒5選

お歳暮は、お世話になった人に一年の感謝を込めて贈るものです。お酒好きの方に贈るなら、この時期は日本酒がおすすめ。年末年始は日本酒の出番も多く、少し贅沢な日本酒を贈れば喜ばれること間違いなしです。お歳暮の相場である5000円以内(税込5500円以内)で購入できる、お歳暮におすすめの日本酒を5種類ご紹介します。

おうちで簡単!本格お鍋レシピ|博多風もつ鍋

おうちで簡単!本格お鍋レシピ|博多風もつ鍋

寒い季節が近づいてくると、食べたくなるのがお鍋。ドリンク&フードクリエイター・青山金魚さんが考えた、おうちで簡単に作れるのに、本格的な味を楽しめる定番鍋レシピをご紹介します。家族皆と夕食で、友達と家飲みで、時には一人鍋で、色々なシーンでお楽しみください。「久保田 ゆずリキュール」で作った、ちょっと濃いめのゆずサワーにもぴったりですよ。

混ぜるだけの簡単アレンジ!飲みやすい日本酒の紅茶割り

混ぜるだけの簡単アレンジ!飲みやすい日本酒の紅茶割り

最近増えてきた日本酒のアレンジ。飲みやすくなると日本酒ビギナーにも人気の飲み方です。炭酸で割ったりフルーツを入れたり、アレンジ方法は様々ですが、紅茶割りも飲みやすくなるアレンジの一つ。ペットボトルの紅茶と日本酒を混ぜるだけで簡単にできる飲み方アレンジと、おすすめの組み合わせをご紹介します。

スノーピークのキャンプ場で、日本酒×焚火ナイトを開催

スノーピークのキャンプ場で、日本酒×焚火ナイトを開催

2017年の発売以来、多くのキャンパーに支持されてきた「久保田 雪峰」。その「久保田 雪峰」をアウトドアで楽しめるイベント「久保田 雪峰 TAKIBI night -2021秋-」が、2021年11月13日(土)に新潟県三条市の「Snow Peak HEADQUARTERS Campfield」で開催されます。日本酒の飲み比べや、イベント限定の「0256 bistro&meals」のシェフが考案したおつまみなどが味わえます。焚火を囲みながら、アウトドアで日本酒を楽しむ新しい文化を体験してみてはいかがでしょうか?

「美味しい」をつくる10の手――1人目 磨く手 広川 豊和

「美味しい」をつくる10の手――1人目 磨く手 広川 豊和

「久保田」などの日本酒を造る新潟の酒蔵、朝日酒造。品質本位の酒造りはそのままに、お客様の美味しさに挑戦しています。そんなお客様の「美味しい」を生み出すつくり手たちにインタビューします。彼らは「美味しい」にどんな想いで向き合っているのか、話を聞きました。第1回目は、米の磨きを担う広川さんです。

日本酒の大吟醸とは?吟醸との違いや、味わい・香りの特徴を解説

日本酒の大吟醸とは?吟醸との違いや、味わい・香りの特徴を解説

大吟醸という言葉は聞いたことがあっても、どういうお酒か説明はできますか?日本酒には様々な種類があり、大吟醸とは特定名称酒に分類される日本酒の一つです。この記事では、大吟醸とはどういうお酒か、吟醸との違いや味わい・香りの特徴から、大吟醸の美味しい飲み方やおすすめの銘柄まで紹介します。

1 ... 2 3 4 ... 38
335 件

Ranking

1

酒蔵で働く社員直伝!二日酔い対策とは。次の日にお酒を残さないマル秘テクニック

酒蔵で働く社員直伝!二日酔い対策とは。次の日にお酒を残さないマル秘テクニック

せっかく美味しいお酒を楽しむなら、二日酔いのつらい症状は避けたいものです。本記事では、普段からお酒を造るだけではなく、飲む機会も多い酒蔵で働く社員が実践している「次の日にお酒を残さないマル秘テクニック」をたっぷり紹介します。

2

お酒の賞味期限はどれくらい?目安や保存方法を解説

お酒の賞味期限はどれくらい?目安や保存方法を解説

うっかりしてお酒を長期間放置してしまったことはありませんか?お酒には賞味期限が書かれていないものも多いので、あまりにも長い期間が経っていると飲んでも大丈夫なのか悩んでしまうこともあるでしょう。ここでは、お酒の賞味期限の目安や保存方法を種類別にご紹介します。ご自宅に置いているお酒が飲めるかどうか、判断に迷ったときはぜひ参考にしてみてください。

4

日本酒は糖質が高い?糖質を気にせず楽しめる日本酒の飲み方

日本酒は糖質が高い?糖質を気にせず楽しめる日本酒の飲み方

日本酒は、米・米麹・水を原料として発酵させ、こしたもの。そのため、ほかのお酒に比べて糖質が高いイメージを持つ人もいるでしょう。近年ブームになっている糖質制限ダイエットの影響で、日本酒が好きでも飲むのを躊躇してしまうという人もいるかもしれません。この記事では、日本酒の糖質はどれくらいなのか、ほかのお酒に比べて糖質は高いのかについて解説。糖質を気にせず日本酒を楽しむ方法もあわせてご紹介します。

5

話題の「酒粕パック」でお肌しっとり!作り方や使い方について紹介、体験談も!

話題の「酒粕パック」でお肌しっとり!作り方や使い方について紹介、体験談も!

近年話題の「酒粕パック」は、自宅でも簡単に作ることができます。酒粕に精製水を加えるだけ。酒粕パックをすると、潤いと透明感のある肌に仕上がると言われています。本記事では酒粕パックの作り方やアレンジ方法、使い方、注意点などを紹介します。朝日酒造の女性社員が酒粕パックを実践した体験談も紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

Recommended

NEW

気軽に手に入るスパイスを混ぜて、日本酒2.0の味を作ってみた!

気軽に手に入るスパイスを混ぜて、日本酒2.0の味を作ってみた!

まもなく冬本番!寒さで冷えた体を、日本酒とスパイスでととのえてみるのはいかがでしょうか?「そんなの邪道!」と思う方もいるかもしれませんが、スパイスを入れて日本酒を飲む風習は、実は平安時代からあったんです。 平安時代からある「お屠蘇(おとそ)」という飲み物は、ニッキ(シナモン)や山椒など数種類の食材を漬けこんだ薬草酒で、正月に無病息災を願い飲まれていました。今回は、日本酒の未知の味わいを楽しめる、古くて新しい日本酒×スパイスの3つのレシピを試してみました。

NEW

おうちクリスマスを盛り上げる、簡単おしゃれレシピ|たことじゃがいもの和ガリシア風

おうちクリスマスを盛り上げる、簡単おしゃれレシピ|たことじゃがいもの和ガリシア風

今年もおうちでクリスマスを過ごすという方も多いのではないでしょうか。そんなおうちクリスマスを盛り上げるのに欠かせないのは、おしゃれな料理やケーキにお酒。ドリンク&フードクリエイター・青山金魚さんが考えた、テーブルを華やかに彩る、簡単なのにおしゃれなレシピをご紹介します。さらに、今年はちょっと趣向を変えてスパークリング日本酒を合わせて、おうちクリスマスを素敵に過ごしましょう!

「美味しい」をつくる10の手――2人目 蒸す手 小林 利幸

「美味しい」をつくる10の手――2人目 蒸す手 小林 利幸

「久保田」などの日本酒を造る新潟の酒蔵、朝日酒造。品質本位の酒造りはそのままに、お客様の美味しさに挑戦しています。そんなお客様の「美味しい」を生み出すつくり手たちにインタビューします。彼らは「美味しい」にどんな想いで向き合っているのか、話を聞きました。第2回目は、蒸米を担う小林さんです。

Keywords