日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|豚ロースとオレンジのハーブ煮込み
2020.07.01

楽しむ

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|豚ロースとオレンジのハーブ煮込み

料理家・高橋善郎さんが提案する、日本酒のおつまみにぴったりの一品をご紹介。 「久保田」と一緒に、ご自宅での上質なひとときをお楽しみください。

目次

  1. ダッチオーブンで手軽に、本格的に
  2. 「豚ロースとオレンジのハーブ煮込み」の作り方
  3. 「豚ロースとオレンジのハーブ煮込み」に合わせたい「久保田 雪峰」
  4. 高橋善郎さんからのワンポイント

ダッチオーブンで手軽に、本格的に

「豚ロースとオレンジのハーブ煮込み」

今回のレシピは、生のオレンジを一緒に煮込んだ爽やかな一品「豚ロースとオレンジのハーブ煮込み」。ダッチオーブンで手軽に作れるので、アウトドア料理にもおすすめです。

ダッチオーブンは、焼く・煮る・蒸す・揚げる…さまざまな調理方法が可能な万能鍋です。「豚ロースとオレンジのハーブ煮込み」は、材料を切って、後はダッチオーブンでコトコト煮れば完成。素材にじっくりと火が通るので、豚肉はよりジューシーに、野菜は甘味が増します。手軽に本格的なおつまみを楽しめる上、そのまま食卓に出せるので、アツアツ料理をしばらく楽しめるのも嬉しいポイントです。

今回のレシピで使っているダッチオーブンは、アウトドアメーカースノーピークの「コロダッチポット」。お手軽なつまみやちょっとしたサイドメニューが欲しいときに使いやすいシリーズです。玉ねぎ1個分サイズのダッチオーブンは、荷物にならないのでアウトドアでも大活躍。もちろん自宅で愛用する方も多いです。

アウトドアで楽しむ日本酒「久保田 雪峰」を合わせて、ぜひお試しください。

「豚ロースとオレンジのハーブ煮込み」の作り方

【材料(2人分/小サイズのダッチオーブン使用)】
・豚ロース肉:100〜150g
・オレンジ:1個
・玉ねぎ:小1/2個

A
-オリーブオイル:大さじ1
-にんにく(粗くつぶす):4片
-ローズマリー:2枝分

B
-水:100ml
-チキンコンソメ(顆粒):小さじ1
-塩/粗挽き黒こしょう:適量

【作り方】
①豚ロース肉はぶつ切りにし、塩こしょう(分量外:少々)をふる。オレンジは外側の皮をむき、上の部分は輪切りにし、残りはぶつ切りにする。玉ねぎは皮をむき、芯を残したまま6等分のくし切りにする。

材料の下準備

②ダッチオーブンにAを入れ、温める。豚肉、玉ねぎを入れ、中火前後で全体に焼き色がつくまで炒める。

豚肉と玉ねぎを入れて炒める

③②にBを加え、ひと煮立ちさせ、フタをして弱火で10分ほど煮る。ぶつ切りにしたオレンジを加え、軽く混ぜ合わせる。

弱火で煮る

④輪切りにしたオレンジを中央にのせたら再びフタをし、5分ほど煮る。

「豚ロースとオレンジのハーブ煮込み」の完成

「豚ロースとオレンジのハーブ煮込み」に合わせたい「久保田 雪峰」

久保田 雪峰

山廃仕込みがもたらす絶妙に調和した懐の深い味わいが特長の純米大吟醸酒。

希望小売価格(税抜)
500ml    3,100円

高橋善郎さんからのワンポイント

◆食材の旨味と香りをシンプルな調味料で活かしたアウトドア煮込み。豚肉と相性の良いフレッシュオレンジ、そこにローズマリーとにんにくを加えれば爽やかで旨味の効いた一品に。
◆山廃仕込みによる懐深い味わいが特長の「久保田 雪峰」と合わせれば、アウトドアシーンがより一層上質な時間に。
◆オレンジの代わりにりんごなどを使っても◎。

profile

料理家 高橋善郎

料理家 高橋善郎

東京都世田谷区にある和食店「凧(はた)」グループのオーナーシェフ。料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を当時史上最年少 で合格。素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。