日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|たけのこと鶏そぼろの柚子いなり
2020.03.31

楽しむ

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|たけのこと鶏そぼろの柚子いなり

料理家・高橋善郎さんが提案する、日本酒のおつまみにぴったりの一品をご紹介。 「久保田」と一緒に、ご自宅での上質なひとときをお楽しみください。

目次

  1. いなりをジュワッと美味しく作るコツ
    1. 油揚げの下準備のポイント
  2. 「たけのこと鶏そぼろの柚子いなり」の作り方
  3. 「たけのこと鶏そぼろの柚子いなり」に合わせたい「爽醸 久保田 雪峰」
  4. 高橋善郎さんからのワンポイント

いなりをジュワッと美味しく作るコツ

「たけのこと鶏そぼろの柚子いなり」

「たけのこと鶏そぼろの柚子いなり」

今回のレシピは、旬の味覚が詰まった「たけのこと鶏そぼろの柚子いなり」。具材がたっぷり詰まっている、ボリューム満点のアレンジいなりです。冷めても美味しいので、お弁当にもおすすめです。

油揚げの下準備のポイント

最近は味付けされた油揚げも売っていますが、今回のレシピは油揚げの下準備から作るので、より自分好みの味わいで楽しむことができます。油揚げの下準備から?難しそう…そんな不安を解消するために、作る時のポイントをご紹介します。

・まずは、油揚げの油をしっかり抜くことが大切。油揚げを袋状に開き、熱湯をかけます。油を抜くことでくどさがなくなり、味も染みやすくなります。
・油揚げを煮る時は、落とし蓋をしてじっくりと。煮た後は、両手で挟んで優しくしぼります。しっとり感が残る程度にしぼることで、食べた時にジュワッと旨味が広がります。
・ごはんを詰める時は、ごはんを軽く丸めてから。詰めた後に形を整えやすくなります。
この3点が、自宅で作る時のポイントです。

春のアウトドアシーンにおすすめの日本酒「爽醸 久保田 雪峰」を合わせて、ぜひお楽しみください。

「たけのこと鶏そぼろの柚子いなり」の作り方

【材料(2人分)】
・ごはん:350〜400g
・油揚げ:4枚
・たけのこ(水煮):100g
・鶏むねひき肉:100g
・三つ葉:10g
・白ごま:大さじ3
・ごま油:大さじ1
・柚子の皮:適量

A
-水:1/2カップ
-しょうゆ:大さじ2
-みりん:大さじ1
-砂糖:大さじ1

B
-しょうゆ:大さじ3
-みりん:大さじ3
-砂糖:小さじ2

【作り方】
①油揚げは半分にカットし、熱湯をかけて油抜きをする。水でさっと洗い流し、余分な水分を優しくしぼり、軽く開く。たけのこは5mm幅前後の角切りにし、三つ葉はみじん切りにする。

②ボウルにごはん、白ごまを入れ、混ぜ合わせる。

ごはんの下準備

ごはんの下準備

③手鍋またはフライパンにAを入れ、ひと煮立ちさせる。油揚げを入れ、汁をなじませたら落とし蓋をし、弱火で10分ほど煮含める(途中で一度ひっくり返す)。

油揚げの下準備

油揚げの下準備

④③とは別のフライパンにごま油をひき、鶏むねひき肉、たけのこを入れ、ひき肉の色全体が変わるまでほぐし炒める。Bを加え、弱火で6〜8分、水分が少なくなるまで煮る。

鶏むねひき肉と筍を炒める

⑤優しくしぼった油揚げにごはんを詰め、その上に④を詰める。

ごはん、炒めた具材を詰める

⑥器に盛り付け、三つ葉、刻んだ柚子の皮をのせる。

「たけのこと鶏そぼろの柚子いなり」の完成

「たけのこと鶏そぼろの柚子いなり」に合わせたい「爽醸 久保田 雪峰」

爽醸 久保田 雪峰

爽醸 久保田 雪峰

春の麗らかさ、新緑の爽やかさをお楽しみいただくための久保田 雪峰。

希望小売価格(税抜)
500ml    3,100円

高橋善郎さんからのワンポイント

◆甘辛く煮た油揚げのふくよかな香りと、三つ葉と柚子の爽やかな香りが「爽醸 久保田 雪峰」と好相性。冷めても美味しい料理なのでアウトドアシーンにも最適です。
◆いなり寿司だと柔らかい具材が多いですが、今回のようにたけのこと三つ葉の食感があることで、より日本酒のふくらみも感じやすくなります。
◆たけのこは味が入りづらいので、比較的濃いめの煮汁で煮てください。

profile

料理家 高橋善郎

料理家 高橋善郎

東京都世田谷区にある和食店「凧(はた)」グループのオーナーシェフ。料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を当時史上最年少 で合格。素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。