雪峰

熱燗とぬる燗の違いは?おいしい燗酒の作り方と楽しみ方

熱燗とぬる燗の違いは?おいしい燗酒の作り方と楽しみ方

日本酒は飲む温度帯によって味わいが変化する酒です。温めることで甘味や旨味が深まり、ふくらみのある味わいを感じられます。温めた日本酒のことを「燗酒(かんざけ)」と呼びますが、燗酒と一口に言っても、熱燗やぬる燗など温度によって異なる呼び名がつけられています。この記事では燗のつけ方や料理との相性など、燗酒の楽しみ方を紹介します。

焚火と野生の酒「久保田 雪峰」。

焚火と野生の酒「久保田 雪峰」。

キャンプにとって焚火は、いわば代わりのない主役。ただ薪が燃えているだけなのに、その光景を何時間でも見つめていられる―。焚火には、太古の昔に人の心に備わっていた野生を呼び起こす力があるのだと思います。そんな焚火の時間をより一層楽しむために朝日酒造と共同開発し生まれた野生の酒「久保田 雪峰」。日本酒界で確固たる地位を築く「久保田」ブランドをつくる朝日酒造が、なぜスノーピークをパートナーとして選んだのか。「黒×黒」の配色が特長のボトルデザイン(GOOD DESING AWARD BEST100に選出)を担当した近藤が、焚火と久保田 雪峰の魅力や相性、楽しみ方についてご紹介します。

大げさな準備はいらない!日本酒を片手に“じっくりと語らう”令和のアウトドアスタイル

大げさな準備はいらない!日本酒を片手に“じっくりと語らう”令和のアウトドアスタイル

コロナ禍における外出自粛の影響もあり、アウトドアを楽しむ人が増えています。これまでは大人数で楽しむのが一般的だったものの、最近では1人~2人で悠々自適にアウトドアを楽しむ人が多いのだそう。 今回は、未経験の2人が初のアウトドアにチャレンジ。都会での疲れを癒やすべく、昭島の「Snow Peak TAKIBI LOUNGE」でお手軽に焚火を体験してきました。

水辺で日本酒を楽しむバー「Outdoor Bar by 久保田」が新潟に期間限定オープン

水辺で日本酒を楽しむバー「Outdoor Bar by 久保田」が新潟に期間限定オープン

新潟市の信濃川やすらぎ堤で、2019年以来2年ぶりに開催中の「ミズベリング 水辺アウトドアラウンジやすらぎ堤」。そこに、7月22日(木・祝)から25日(日)の4日間限定で、アウトドアで日本酒を楽しむバー「Outdoor Bar by 久保田」がオープンします。Barでは日本酒の久保田数種類や、SUZU特製おつまみなどを楽しめます。暑い夏は、水辺で心地よい風を感じながら、お酒を楽しむのはいかがでしょうか?

久保田好き900人が選んだ人気の久保田ランキング!1位の銘柄は?

久保田好き900人が選んだ人気の久保田ランキング!1位の銘柄は?

1985年に「久保田」が誕生してから36年。その間、「久保田 千寿」に始まり最新の「久保田 スパークリング」まで、その数16種類もの「久保田」が誕生しました。そんな「久保田」の中で、どれが一番人気が高いのか?「久保田」好きの905人が答えてくれました。1位の銘柄は果たして?

キャンプのススメ!おすすめグッズや日本酒を紹介

キャンプのススメ!おすすめグッズや日本酒を紹介

自然に囲まれたロケーションの中でいただく料理はおいしいものですが、そこにお酒が加われば、さらに格別の味わいになります。この記事では、キャンプでお酒を楽しみたい方に向けて、シーンごとのお酒の楽しみ方、キャンプに持って行きたいおすすめの日本酒などをたっぷりご紹介します。

1
9 件