ぐっち夫婦の今日なに飲もう?|ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ
2021.09.01

楽しむ

ぐっち夫婦の今日なに飲もう?|ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ

話題の夫婦料理家・ぐっち夫婦が提案する、手軽で簡単なおつまみレシピをご紹介。お料理好きにも初心者にもおすすめの一品です。さらに今回、オンライン料理教室も開催!昨年から開催したオンライン料理教室も、今回で最終回です。最終回を飾るのは「ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ」です。生実演の様子とともに、料理のポイントや、相性の良い「久保田 ゆずリキュール」についてもご紹介します。

目次

  1. 手軽なおしゃれフィンガーフードおつまみ
    1. 作り方
  2. オンライン料理教室を開催!
  3. 「久保田 ゆずリキュール」のアレンジ
  4. 「ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ」にぴったりの「久保田 ゆずリキュール」

手軽なおしゃれフィンガーフードおつまみ

ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ

今回は、「ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ」を紹介します。
きゅうりに香りよいディルと、クリームチーズ、スモークサーモンの旨味をバランスよく仕立てた、手軽なのにおしゃれなフィンガーフードおつまみです。

「見た目華やかなのに作るのは簡単。ピックを刺してピンチョスにしても◎。甘く、爽やかなゆずリキュールと、おつまみのディル、レモンの香りの相性が抜群です」(ぐっち夫婦)

作り方

【材料(2人分)】
・きゅうり:1本
・スモークサーモン:50g
・ディル:2~3本
・クリームチーズ:50g
・レモン(皮):適量

・オリーブオイル:適量
・粗びき黒こしょう:少々
・塩:少々

【作り方】
①きゅうりは縦半分に切り、スプーンなどで種を取り除く。ディルは刻む。サーモン3㎝幅に切る。

②ボウルにクリームチーズ、ディル、塩を入れ混ぜ合わせる。

③きゅうりの溝に、②をスプーンで入れ、3-4㎝幅に切って皿に盛る。

④サーモンを③の上にのせ、削ったレモンの皮をかけ、オリーブオイル、粗びき黒こしょうをふる。

オンライン料理教室を開催!

毎月22日(隔月)にYoutubeLiveで配信しているオンライン料理教室「ぐっち夫婦の今日なに飲もう?with 朝日酒造」の第6回目を、8月22日に開催。先ほど紹介した「ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ」を、実際にぐっち夫婦に作っていただきました。

ぐっち夫婦の登場

ぐっち夫婦の登場です!今回の視聴者プレゼントでもある久保田の前掛けがお似合いのTatsuyaさんです。営業としてもいけそうな雰囲気を醸し出しています。

それでは本題に、「ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ」の実演をお届けします。火を使わずにあっという間に作れる、手軽なおつまみです。

「絶品の手軽に作れるおつまみを今日はご紹介していきたいと思います!」(SHINOさん)
「おしゃれなお店で出そうな、"のせ"ですね。見た目もきれいな感じで、美しい感じに仕上がるので、そちらも楽しみにしてもらえればと思います」(Tatsuyaさん)

料理のポイント

今回も、「3つのポイント」から。

1つ目のきゅうり使いにひと工夫は、「作るのも楽しいですよ」とSHINOさんおすすめ。2つ目のつまめる一口サイズは、お酒のおともにフィンガーフードは人気なので、サイズ感もポイントです。3つ目のポイントは、夏っぽく、ゆずの香りとも楽しめる爽やかな香りです。

「ゆずのお酒、ほんと大好きなんですよね。ゆずが美味しくて、ドはまりです!」とSHINOさんも大絶賛の「久保田 ゆずリキュール」に合うおつまみを早速作っていきましょう。

きゅうりの種を取る

まずはきゅうりの両端を落とし、縦に切っていきます。そして、早速今回のポイントである、きゅうりの種を取ります。

「真ん中の部分の種は結構水分を含むので、今回はそこを除いて、器みたいにしていきます。普段のきゅうりのタタキなどを作る時も、種を取ってあげると、水っぽくならずに美味しく仕上がります。ちょっとしたひと工夫で、種を除いてあげると美味しいんだよというのを知っておくと、料理がさらに上手になるんじゃないでしょうか」(Tatsuyaさん)
「種のところは今日は使わないのですが、ドレッシングに入れたり、スープに入れたり、炒めても美味しいですよ」(SHINOさん)

ディルを刻む

続いては、ディルを切っていきます。下の茎の部分は除いて刻んでいきます。
「意外とスーパーに売ってるんですよね。今まで見たことあるけど、どうやって使うのと思っていた方は、このタイミングでスーパーで見つけたらぜひ」(Tatsuyaさん)

ディルがない場合の代用品は?という質問には、「パセリとかは相性がいいと思う。乾燥よりは生のもの方が刻んだ時に香りがたつので、生の方がいいかな」とのことです。

スモークサーモンの準備

そして、スモークサーモンは半分に切っておきます。

クリームチーズと和える

次に、クリームチーズを用意します。常温に戻しておくと、柔らかくなって混ぜやすくなります。こちらにディルを入れてよく混ぜます。
「クリームチーズの酸味と、ディルの香りが相性いいんですよね」(SHINOさん)

混ざったら、塩をひとつまみ加えます。
「きゅうりが瑞々しい味わいなので、スモークサーモン含め、少し塩気のある味わいのものをのせてあげると、味にまとまりが出て美味しく出来上がります」(SHINOさん)

玉ねぎを入れる

このクリームチーズを、先ほど種を取り除いたきゅうりに詰めていきます。
「詰める時は、きゅうりをなぞるように詰めるとすーっととれてしまうので、ちょっとずつ中に入れ込むようにしてください」(SHINOさん)

きゅうりをカットする

詰め終わったら、2つ目のポイント、きゅうりを一口大に切っていきます。
「一口大の大きさは人それぞれですが、だいたい3~4cmくらいに。口の大きい人は5cmくらいに(笑)」(Tatsuyaさん)

完成

一口大に切ったきゅうりをお皿に盛りつけていきます。その上に、スモークサーモンをくるっと丸めながらのせていきます。
「フィンガーフードは口に入れる瞬間が大切なので、一個一個きれいにのせてあげるといいですよ」(SHINOさん)
「スモークサーモンの代わりに、生ハムなどをのっけてもよさそう」(Tatsuyaさん)

さらに、レモンの皮をすって、最後仕上げにあらびき黒コショウとオリーブオイルをさっとかけて完成です!
「ディルの香りとレモンの香りがのっかって、香りが高いね。ここにゆずの香りも合わさって、香りのマリアージュですね」(Tatsuyaさん)
「香りの三重奏ですね」(SHINOさん)

乾杯

それでは、お待ちかねの「久保田 ゆずリキュール」を注いで乾杯です。
「今回6回目で最終回ということですが、こういう素敵な機会をいただきありがとうございます。乾杯!」(Tatsuyaさん)

「あーうまい!」(Tatsuyaさん)
「香りますねー!美味しい!」(SHINOさん)

ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ

作ったおつまみも試食します。きゅうりのポリポリとしたいい音が!
さっぱりしているけど、クリームチーズとスモークサーモンの旨味や塩気がゆずリキュールともぴったりです。ディル、レモン、スモークサーモンの色々な香りが楽しめる一品です。

「久保田 ゆずリキュール」のアレンジ

久保田 ゆずリキュール

そのまま飲んでも十分美味しい「久保田 ゆずリキュール」ですが、ライブ配信では2つのアレンジ方法もご紹介。

一つ目は、ゆずリキュールと無糖紅茶を1:1で割った「ゆずティー」です。
「美味しい!なにこれ、すごい!夏にいいですね。飲みやすい!」(Tatsuyaさん)
「ほっとする味。紅茶で割るのは面白いなと思いました」(SHINOさん)

ゆずリキュールのだし割り

そして、これからの秋冬の時期におすすめしたい温かいアレンジが、「ゆずリキュールの出汁割り」です。
ゆずリキュールとおでんの出汁を1:2の割合で合わせるだけの、簡単アレンジです。

「美味しい!出汁に合うんですね。香りと出汁の塩加減がよく合う!」(SHINOさん)

最後に、ぐっち夫婦に日本酒に合うおつまみを作る時に大切にしているポイントを伺いました。

「日本酒は香りが美味しさだなと感じていて、飲んだ時のほのかな甘みと香りの良さが十二分にあるので、それらを活かせるようなバランスを考えながら組み立てています」(SHINOさん)
「日本酒ってラインアップがあって、同じ久保田でも全く味わいが違うので、そこが楽しみの一つであるのかなと思います。香り高いもの、すっきりしたもの、それぞれなので、お酒に合わせてどういったものを食べたいかなと考えて作っています」(Tatsuyaさん)

オンライン料理教室は今回で最後ですが、次はリアルな料理教室が開催できることを楽しみにしています!

profile

料理家 ぐっち夫婦

料理家 ぐっち夫婦

「日々の暮らしを楽しくおいしく。ちょっとおしゃれに。」をコンセプトに、そんなきっかけをお届けしたいという想いから、TV・雑誌等のレシピ連載や企業のレシピ開発を中心に活動中。

「ディル香る ひとくちきゅうりのスモークサーモンのせ」にぴったりの「久保田 ゆずリキュール」

久保田 ゆずリキュール

高知県産の香り高い本柚子を使った、果汁感と日本酒感のバランスがよいリキュール。皮ごと優しく搾り、酸味や苦味が少なく甘味を感じるゆず果汁を使用。「久保田 千寿 純米吟醸」がゆず本来の爽やかな香りとほのかな甘味を引き立て、ロックでもストレートでも飲みやすい軽やかな飲み口です。

希望小売価格
720ml    1,300円(税込1,430円)