日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|醤油糀のチキングリル
2020.03.30

楽しむ

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|醤油糀のチキングリル

料理家・高橋善郎さんが提案する、日本酒のおつまみにぴったりの一品をご紹介。 「久保田」と一緒に、ご自宅での上質なひとときをお楽しみください。

目次

  1. 「塩糀」の美味しい話
  2. 「醤油糀とローストくるみのチキングリル」の作り方
  3. 「醤油糀とローストくるみのチキングリル」に合わせたい「久保田 千寿」
  4. 高橋善郎さんからのワンポイント

「塩糀」の美味しい話

「醤油糀とローストくるみのチキングリル」

「醤油糀とローストくるみのチキングリル」

今回のレシピは、鶏のむね肉を使ったヘルシーなおつまみ、「醤油糀とローストくるみのチキングリル」。むね肉は塩糀につけこむことで、柔らかくジューシーな食感に仕上げています。

日本酒と同じ発酵食品の「塩糀」を使ったおつまみは、日本酒のおともにぴったり。
塩糀は昔から伝統的に使われていた調味料のひとつですが、最近では全国的にブームになり、相次いで新しい商品も発売されました。肉や魚などの食材の旨味・コクを引き出し、塩の代わりに使うことで減塩にもなり一石二鳥、美味しい話ですね。

食事を楽しむ吟醸酒「久保田 千寿」を合わせて、ぜひお楽しみください。

「醤油糀とローストくるみのチキングリル」の作り方

【材料(2人分)】
・久保田 千寿:大さじ1
・鶏むね肉:大1枚(約300g)
・くるみ:50g
・付け添え野菜:適量
・こしょう:少々

A
-塩糀:100g
-醤油:大さじ1


【作り方】
①皮を取り除いた鶏むね肉は半分にカットし、こしょうをまぶす。くるみは150度のオーブンで15分乾煎りした後、ジッパー付きの袋に入れ、麺棒などで細かく砕く。付け添え野菜は準備しておく。

材料の下準備

材料の下準備

②ボールに「久保田 千寿」、くるみ、Aを入れ混ぜ合わせる。鶏むね肉を加え、全体をなじませて、冷蔵庫で1〜2時間置く。

鶏むね肉に調味料をなじませる

鶏むね肉に調味料をなじませる

③200度に温めたオーブンで10〜12分ほど火が通るまで加熱する。。

オーブンで加熱する

オーブンで加熱する

④食べやすい厚さにカットし、付け添え野菜と一緒に盛り付ける。

「醤油糀とローストくるみのチキングリル」の完成

「醤油糀とローストくるみのチキングリル」の完成

「醤油糀とローストくるみのチキングリル」に合わせたい「久保田 千寿」

久保田 千寿

久保田 千寿

綺麗ですっきりとした淡麗な味わい、穏やかな香りに仕上げた、いつもの食卓を少し特別にする「食事と楽しむ吟醸酒」。

希望小売価格(税抜)
1,800ml    2,430円
720ml    1,080円

高橋善郎さんからのワンポイント

◆ローストしたくるみと塩糀の旨味が、「久保田 千寿」の香りと余韻を一層キリッとした印象に引き立ててくれています。
◆塩糀だけだと食べ飽きてしまいがちなところに醤油を足して調整しているので、飲み飽きしない「久保田 千寿」にピッタリ。
◆今回は付け添え野菜に、みょうがの千切りとブロッコリースプラウトを使用しています。

profile

料理家 高橋善郎

料理家 高橋善郎

東京都世田谷区にある和食店「凧(はた)」グループのオーナーシェフ。料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を当時史上最年少 で合格。素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。