社会人なら知っておきたい「お中元」のマナーとは?贈る時期やおすすめ商品も紹介
2021.06.20

知る

社会人なら知っておきたい「お中元」のマナーとは?贈る時期やおすすめ商品も紹介

「お中元」なんて自分には無縁、と思っていた人も、社会人になると仕事のお付き合いなどで、お中元を贈る場面が出てくるはず。そんな時、お中元っていつ、いくらくらいものを贈ればいいのか、知っていないと逆に失礼になることもあります。この記事では、社会人なら知っておきたい「お中元」のマナーやおすすめの商品をご紹介します。

目次

  1. 「お中元」のマナーとは
    1. お中元の由来とは
    2. お中元を贈る時期
    3. お中元の相場は
    4. お中元用の熨斗の選び方
    5. お中元の熨斗の書き方
  2. お中元にぴったりの日本酒
    1. 久保田 萬寿
    2. 久保田 萬寿 自社酵母仕込
  3. 感謝の気持ちとともにお中元を

「お中元」のマナーとは

お中元

お中元の由来とは

お中元」とは、親類やお世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣のこと。現代のような「夏のご挨拶」として定着したのは江戸時代といわれています。

もともとは古代中国の「三元」(さんげん)の行事で、1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」として祭をおこなっていました。このうちの「中元」だけが、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と結びつき、お盆の供物を親戚などに届けるようになり、この習慣を「お中元」と呼ぶようになりました。

お中元を贈る時期

お中元は夏に贈りますが、その時期は地域によって異なります。それを知らずに贈ってしまうと、逆に失礼に当たってしまうこともあるので、注意しましょう。

・北海道:7月中旬から8月15日まで
・東北・関東:7月初旬から7月15日まで
・北陸:7月または8月(地区によって異なる)
・東海、関西、中国、四国:7月中旬から8月15日まで
・九州:8月1日から8月15日まで
・沖縄:旧暦の7月13~15日まで(2021年は8月20日~8月22日)

しかし最近では全国的に、7月初めから7月15日までに贈るのが一般的になりつつあります。さらに年々早まっていて、6月からお中元を贈り始める人も多くなっています。
百貨店などでは、5月中旬頃から受付が始まり、6月上旬から中旬以降に発送が始まることが多いです。

お中元の相場は

お中元の相場は、一般的に3,000円~5,000円台程度で、仕事の関係でお中元を贈る場合は3,000円~10,000円程度が相場と言われています。どのくらいの金額の商品を贈るかはお世話になった度合によって変わり、付き合いが深いほど、贈り手の年齢が高いほど高額になる傾向です。
しかし一番大切なのは、感謝の気持ちです。お互いが負担にならない程度で良いのです。

お中元用の熨斗の選び方

お中元を贈る際は、熨斗を付けて贈るのが一般的です。
百貨店などの店頭で購入する場合は、お店の方で熨斗を付けてくれますが、どういった熨斗を付けるべきか理解しておきましょう。

まず、熨斗には「短冊熨斗」と「掛紙」の2種類ありますが、短冊熨斗は簡略化したもののため、掛紙を選んでおけばどんな贈り相手にも使うことができます。

熨斗で使われる水引にも種類がありますが、お中元には紅白蝶結びを使いましょう。

熨斗の付け方にも、贈り物を包装紙で包んだ後に熨斗をつける「外熨斗」と、贈り物に熨斗をつけてその上から包装紙でラッピングする「内熨斗」の2種類があります。これは、贈り物であることを分かりやすくしたいか、控えめに贈りたいかで決めるとよいでしょう。

お中元の熨斗の書き方

熨斗の内容も、お店の方で書いてくれることも多いですが、書き方も知っておきましょう。

まず、表書きと呼ばれる、水引の上の真ん中には「お中元」または「御中元」と書きます。
そして、水引の結び目の下には、贈り主の名前をフルネームで書きます。
場合によっては、名前に加えて会社名を一緒に書いたり、複数人で贈る場合は3人程度であればそれぞれの名前を、それ以上の場合は「代表者名+他一同」と記載しましょう。

お中元にぴったりの日本酒

お中元で定番人気の商品は、1位は菓子類、2位は酒類を含む飲料、3位に菓子以外の食品で、食品の占める割合が全体の約7割という結果が出た調査もあります。もらって嬉しいお中元も、この上位3品が大半を占めています。

ここでは、お中元の予算内で贈った相手にも喜ばれる日本酒をご紹介します。

久保田 萬寿

久保田 萬寿

新潟県の日本酒ブランド「久保田」の最高峰「久保田 萬寿」。
華やかな香りと重厚な味わいを持ち、複雑ながら深みのある口当たり。米麹から生まれるふくらみのある柔らかさの中に、旨味や甘味、酸味が程よく調和し、心地よい余韻となって上質な時間を作り上げます。

1986年の発売以来、不動の人気を誇る日本酒です。720mlであればお中元の相場の3,000~5,000円内にも収まっています。
日本酒好きの方や50代以上のお相手に贈る際には、喜ばれること間違いなしです。

希望小売価格
1,800ml    8,110円(税込8,921円)
720ml    3,640円(税込4,004円)

久保田 萬寿 自社酵母仕込

久保田 萬寿 自社酵母仕込

酒米、精米方法、自社酵母の3つにこだわり醸した、さらに特別な「久保田 萬寿」です。
蔵人も生産に携わった新潟県長岡市越路地域産の酒米「五百万石」を、自社でプログラムした「原形精米」により精米歩合40%まで磨き上げ、長年かけて育種した自社開発の酵母で仕込みました。重層的でエレガントな香りと、深くまろやかな味わいが広がります。

こちらは税込11,000円と少し値は張りますが、お付き合いの深い方や特別お世話になった方などにはぴったりの逸品です。

希望小売価格
720ml    10,000円(税込11,000円)

感謝の気持ちとともにお中元を

お中元

お中元というと、古いしきたりと思いがちかもしれませんが、いつもお世話になっている方に感謝の気持ちを込めてお礼をすることは自然なことですよね。
コロナ禍でなかなか直接会えない今だからこそ、古い慣習だと決めつけず、新たなコミュニケーションとしてお中元を贈ってみてはいかがですか?