日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

期間限定“食と酒の祭典”!高輪ゲートウェイ駅前で、全国159蔵の銘酒を楽しもう!
2020.08.23

体験する

期間限定“食と酒の祭典”!高輪ゲートウェイ駅前で、全国159蔵の銘酒を楽しもう!

高輪ゲートウェイ駅前に期間限定でオープンしている「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」は、酒と食の“エンターテインメントレストラン”。 全国から厳選した159蔵の日本酒や、人気レストランのスペシャル料理が揃っています。この夏はホットなスポットで、気軽に日本酒ペアリングを楽しんでみませんか?

目次

  1. 酒と食の祭典「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」
  2. 全国159蔵の銘酒が集結!
  3. 8月24日~は新潟の週!久保田も登場

酒と食の祭典「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」

「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」は7月14日(火)~9月6日(日)の期間限定で、山手線・新駅「高輪ゲートウェイ駅」の駅前特設会場にオープンしました。東京のFMラジオ局J-WAVEと元サッカー日本代表の中田英寿氏のコラボレーション企画です。

中田氏は現役引退後、全国47都道府県をめぐる旅をスタートし、400を超える酒蔵を訪問。日本酒の美味しさと文化的可能性を強く感じ、日本酒に関するコンサルティングや酒器ブランドの開発、世界最大級の酒イベントの開催など、幅広い活動を行っています。
そんな中田氏と利き酒師が1本1本味見をして厳選した159蔵の日本酒を、「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」では週替わりで楽しめます。

日本酒に合わせて提供する料理にもこだわり、予約困難な人気レストランが16店舗出店! ここでしか食べることができない、和洋中さまざまなスペシャル料理が週替わりで登場します。こだわりの日本酒とこだわりの料理とのペアリングをぜひお楽しみください。

平日のランチタイムには会場からラジオ番組を放送し、参加蔵元やレストランのシェフ、ミュージシャンなどをゲストに招いています。ディナータイムには、米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ShortShorts Film Festival & Asia」がセレクトしたショートフィルム作品を観ながら食事も楽しめます。

全国159蔵の銘酒が集結!

全国から厳選した159蔵の日本酒は、週替わりでの提供となっています。来場者が自分好みの銘柄を見つけやすいよう週ごとにテーマを設定し、約20蔵の酒蔵が入れ替わり、それぞれがおすすめする銘柄を出品しています。これまでも、「東京/東北の週」や「北信越/関東の週」など、同じ地域の日本酒が揃い、飲み比べをしながら楽しめます。

8月24日~は新潟の週!久保田も登場

8月24日(月)~30日(日)の7週目は、酒どころとして有名な「新潟」の週です。淡麗な味わいが特徴の新潟の日本酒ですが、最近は、辛口から甘口まで様々な銘柄が登場しています。
今回は、下記10蔵から選りすぐりの銘柄が集結します!夏限定の日本酒や、ワイングラスで美味しい日本酒アワード等の受賞酒…各蔵とっておきの一杯を楽しめます。

たかちよ(高千代酒造)/鶴齢(青木酒造)/山城屋(越銘醸)/〆張鶴(宮尾酒造)/根知男山(渡邊酒造店)/越後桜(越後桜酒造)/大洋盛(大洋酒造)/田友(高の井酒造)/北雪(北雪酒造)/久保田(朝日酒造)

朝日酒造は、5月に一般発売が開始したばかりの「久保田 千寿 純米吟醸」を提供。「久保田 千寿」の綺麗ですっきりとした特長はそのままに、上品で澄んだ香りでバランスのとれた、料理の味を邪魔しない純米吟醸酒です。口当たりはやわらかく、ドライな飲み口を楽しめます。
「久保田」を発売した35年前とは食生活が変化した現代、日本酒の楽しみ方も、和食だけではなく、幅広い料理と楽しむようになりました。そんな時代に合わせて、和洋中様々な料理に合う酒質に仕上がっています。

7週目は、東京・六本木にある中華料理の「虎峰」と、銀座のスペイン料理「Arroceria La Panza」、代官山のスペイン料理「Sal y Amor」が出店。本イベントの多様なスペシャル料理と合わせて、ぜひペアリングを楽しんでみてください。

~「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」~
場所:高輪ゲートウェイ駅前特設会場 Takanawa Gateway FestホールC
(JR高輪ゲートウェイ駅下車すぐ。京急・都営泉岳寺駅A1出口徒歩約2分)
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
※密閉、密集、密接を避けるため、入店制限を行い、事前予約制で開催いたします。
予約は公式サイトから

※会場では、来場者とスタッフの健康と安全の確保を最優先に、徹底した対策を講じた上で実施いたします。新型コロナウイルスの感染予防を図るため、酒蔵が作った“日本酒アルコール消毒液”の設置や、会場内への入場は事前の予約制とし、入場制限を設けるほか、会場内設備の消毒、スタッフのマスク着用や、ソーシャルディスタンスの確保など徹底などの予防対策を実施いたします。