日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|そら豆と海老の春巻き
2020.03.31

楽しむ

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|そら豆と海老の春巻き

料理家・高橋善郎さんが提案する、日本酒のおつまみにぴったりの一品をご紹介。 「久保田」と一緒に、ご自宅での上質なひとときをお楽しみください。

目次

  1. 春の野菜を楽しむ
  2. 「そら豆と海老の春巻き」の作り方
  3. 「そら豆と海老の春巻き」に合わせたい「久保田 千寿」
  4. 高橋善郎さんからのワンポイント

春の野菜を楽しむ

「そら豆と海老の春巻き」

「そら豆と海老の春巻き」

今回のレシピは、旬のそら豆とプリプリの海老がたっぷり詰まった「そら豆と海老の春巻き」。素材そのものの甘味や食感まで楽しめる春巻きです。

春巻きはなぜ”春”巻きなのか知っていますか?かつては、立春の頃に新芽が出た野菜を具材にして作られたところから、「春巻き」と名付けられたと謂われています。今は一年中楽しめる料理ですが、元々は春の野菜を楽しむ料理だったのです。

そんな春にぴったりのおつまみを日本酒「久保田 千寿」とともに、ぜひお試しください。

「そら豆と海老の春巻き」の作り方

【材料(2人分/約8本分)】
・春巻きの皮:8枚
・海老:12尾
・そら豆:約10本(薄皮をむいた状態で80g)
・えのきだけ:100g
・長ねぎ:1/2本
・しょうが:30g
・唐辛子(輪切り):1本分
・水溶き片栗粉/揚げ油/塩こしょう:各適量

A
-みりん:大さじ2
-しょうゆ:大さじ2

【作り方】
①海老は殻をむき、背側に切り込みを入れ、背わたを取って洗い流す。そら豆はさやから豆を出し、薄皮をむいて粗みじん切りにする。えのきだけは石づきを切った1cm幅に切り、ほぐす。きくらげは規定通り戻し、粗みじん切りにする。しょうがは、皮をところどころむいて、みじん切りにする

材料の下準備

材料の下準備

②フライパンにごま油(分量外:大さじ1)をひき、①、唐辛子を入れ、中火前後で3〜4分加熱する。Aを加え、混ぜ合わせたら塩こしょうで味を調える。水溶き片栗粉でしっかりめにとろみをつけ、バットに移して粗熱を取る。

バットに移して粗熱を取る

バットに移して粗熱を取る

③春巻きの皮をならべ、②をのせ、製品の規定通り巻く。フライパンに揚げ油を入れ、中火で温める。巻いたものを入れ、きつね色になったら裏返し、同様に揚げ焼きする。油を切り、食べやすい大きさに切り分け、器に盛り付ける。

「そら豆と海老の春巻き」の完成

「そら豆と海老の春巻き」の完成

「そら豆と海老の春巻き」に合わせたい「久保田 千寿」

久保田 千寿

久保田 千寿

綺麗ですっきりとした淡麗な味わい、穏やかな香りに仕上げた、いつもの食卓を少し特別にする「食事と楽しむ吟醸酒」。

希望小売価格(税抜)
1,800ml    2,430円
720ml    1,080円

高橋善郎さんからのワンポイント

◆海老やそら豆は粗めに切って食感を残すことで、素材の味だけでなく食感も楽しめます。
◆春巻きは焦げないよう中火を基本に、適宜温度を微調整してください。
◆優しい甘さや苦味を持った春の食材と「久保田 千寿」を食べ合わせることで、食材の特徴をさらに引き出してくれます。冷やでもおいしいですが、常温でのペアリングがオススメです。

profile

料理家 高橋善郎

料理家 高橋善郎

東京都世田谷区にある和食店「凧(はた)」グループのオーナーシェフ。料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を当時史上最年少 で合格。素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。