夏におすすめ!夏酒を美味しくする新しい飲み方
2022.06.17

楽しむ

夏におすすめ!夏酒を美味しくする新しい飲み方

夏に楽しむ日本酒の「夏酒」。冷やして冷酒にしたり、氷を入れて日本酒ロックにしたり、暑い夏にぴったりのひんやりとした楽しみ方があります。そんな定番の飲み方以外にも、見た目もおしゃれに楽しめる夏らしい飲み方を今年は試してみませんか?ドリンク&フードクリエイター・青山金魚さんが考えた、夏におすすめの日本酒の新しい飲み方をご紹介します。

目次

  1. 夏に楽しむ日本酒
  2. 夏酒の新しい飲み方3選
    1. ライムとレモンの香りをまとわせたみぞれ酒
    2. 日本酒と甘酒のモヒート風
    3. 日本酒とトマトのスープカクテル
    4. アレンジに使った「久保田 千寿 純米吟醸」

夏に楽しむ日本酒

夏酒

徐々に気温が高まり始めるこの季節。ビールやスパークリングが飲みたくなるところですが、キリッと冷やした日本酒を味わうのも乙な楽しみ方です。

夏向けに発売されている日本酒は「夏酒」とも呼ばれ、口当たりや喉越しが良く、すっきりと飲めるものが多い傾向にあります。ほかにも、最近注目されているのが「夏の生酒」。生酒ならではの瑞々しくフレッシュな飲み口は、暑い夏にぴったりです。

また、より涼やかに日本酒を楽しめる飲み方として、氷を入れた「日本酒ロック」も最近では人気があります。氷を入れることでひんやりと冷えるだけではなく、まろやかで飲みやすくなり、アルコール度数も下げることができるので、お酒が苦手な方にもおすすめです。

夏酒の新しい飲み方3選

冷酒やロックは定番の飲み方ですが、見た目もおしゃれに楽しめる、夏ならではの新しい日本酒の飲み方をドリンク&フードクリエイター・青山金魚さんが考案。
今回は、青いボトルが目にも涼やかで、すっきりとした味わいの「久保田 千寿 純米吟醸」を使ったアレンジレシピ3選をご紹介します。

ライムとレモンの香りをまとわせたみぞれ酒

みぞれ酒

みぞれ酒」とは過冷却と呼ばれる現象を利用して、日本酒をシャーベット状にして楽しむ飲み方です。このみぞれ酒に一工夫。アクセントにライムやレモンの皮をきゅっと絞ることで、爽やかな香りをまとった一杯に。

【材料】
・久保田 千寿 純米吟醸:適量
・ライムの皮:少々
・レモンの皮:少々

【作り方】
①久保田 千寿 純米吟醸を冷凍可能な容器に移し、ゆっくり静かに冷やして過冷却状態にする。グラスも冷凍庫で冷やしておく。
②冷凍庫から取り出し、少し高い位置からグラスに注ぎ、みぞれ状態にする。
③グラスの縁にライムやレモンの皮を添える。
④飲む際に、皮の表面をグラスに向け、皮の油脂をグラスめがけて吹きかける。

※みぞれ酒はご家庭の冷凍庫の温度状況、容器、状況により過冷却状態になるまでの時間が大幅に異なりますので調節してください。
※もしも凍結してしまったらスプーンでこそぎ取り、シャーベット状態でお楽しみください。

日本酒と甘酒のモヒート風

久保田 千寿 純米吟醸と甘酒のモヒート風

日本酒と甘酒を合わせてミントとライムを加えた、初夏を感じるモヒート仕立ての一杯。
「久保田 千寿 純米吟醸」の本来の日本酒の味わいに「久保田 こうじあまざけ」が合わさり、フレッシュミントとライムの酸味、そして炭酸のしゅわしゅわ感をプラスすれば、まろやかで爽やかな飲み心地を楽しめます。

【材料】
・久保田 千寿 純米吟醸:40ml
・久保田 こうじあまざけ:40ml
・炭酸水:40ml
・ミント:ひとつまみ
・ライム果汁:5ml
・ロックアイス:適量

【作り方】
①グラスにミントを入れ、すりこぎ棒などでつぶし香りを出す。
②ロックアイス、久保田 千寿 純米吟醸、久保田 こうじあまざけ、炭酸水の順に入れ、マドラーで軽く混ぜる。
③グラスの縁にライムを添える。

日本酒とトマトのスープカクテル

久保田 千寿 純米吟醸とトマトのスープカクテル

最後にご紹介するのは、食事のスターターにもぴったりの、まるで冷製のガスパチョのようなカクテルです。
和調味料の白だしで「久保田 千寿 純米吟醸」とトマトを繋ぎ合わせた、新感覚の日本酒を楽しめる一杯です。

【材料】
A
-久保田 千寿 純米吟醸:60ml
-ホールトマト(トマトジュース漬缶):2個
-バジル:1/2枚
-白だし:5ml
-レモン果汁:5ml
-オリーブオイル:2滴
-氷:6個

・レモンスライス:1枚
・バジル:1/2枚
・粗びき黒胡椒:適量

【作り方】
①ジューサー(または氷が砕けるミキサー)にAの材料を詰め、なめらかになるまで攪拌しグラスに注ぐ。
②バジルの葉は葉脈を断つように手でちぎり入れ、粗びき黒胡椒をふり、レモンスライスを添える。

アレンジに使った「久保田 千寿 純米吟醸」

久保田 ゆずリキュール

綺麗ですっきりとした味わいと、上品で澄んだ香りでバランスのとれた、料理の邪魔をしない純米吟醸酒。口当たりはやわらかく、ドライな飲み口を楽しめます。冷やすとほどよい酸味とキレを、常温になると酸味がたち、旨味の余韻を感じられます。

希望小売価格
1,800ml    2,800円(税込3,080円)
720ml    1,300円(税込1,430円)
300ml    650円(税込715円)

profile

ドリンク&フードクリエイター 青山金魚

ドリンク&フードクリエイター 青山金魚

N.B.A認定バーテンダー。カクテルコンペティションでは全国大会に出場。 オリーブオイルテイスター/ナチュラルフードコーディネイター/ベジタブル&フルーツアドバイザーの資格も有す。 料理では年間12本以上のレシピコンテストを勝ち抜き、現在は家時間を楽しむお酒と料理の時間を提案。企業と連携したレシピ開発を多く手掛ける。 主な著書は、「即決!選ばレシピ(主婦の友社)」、「医者がすすめる!カラダにいい最強おつまみ(タツミ出版)」など。