日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|牡蠣と春菊の海苔鍋
2020.11.06

楽しむ

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|牡蠣と春菊の海苔鍋

料理家・高橋善郎さんが提案する、日本酒のおつまみにぴったりの一品をご紹介。 「久保田」と一緒に、ご自宅での上質なひとときをお楽しみください。

目次

  1. お鍋と燗酒で、体の芯から温まろう
  2. 「牡蠣と春菊の海苔鍋」の作り方
  3. 「牡蠣と春菊の海苔鍋」に合わせたい「久保田 千寿」
  4. 高橋善郎さんからのワンポイント

お鍋と燗酒で、体の芯から温まろう

「牡蠣と春菊の海苔鍋」

肌寒くなり、温かい料理が恋しい季節になってきましたね。今回のレシピは、そんな日にぴったりの「牡蠣と春菊の海苔鍋」。いつもと一味違う、海苔香る鍋をご紹介します。

明日11月7日は、「鍋の日」であり、「鍋と燗の日」でもあります。
「鍋の日」は、「いい(11)な(7)べ」という語呂あわせから、11月7日に制定されました。家族で鍋を囲んで団らんを楽しんでもらいたいという願いが込められています。
その後、「鍋と燗の日」が誕生。鍋と一緒に燗酒も楽しんでもらいたい、日本ならではの風習を再発信したいとの思いから制定されました。
ちなみに「燗酒」は温めた日本酒全般を指し、温度の違いによって、熱燗やぬる燗など異なる呼び名がつけられています。温めることで甘味や旨味が深まり、ふくらみのある味わいを堪能できます。

あったかお鍋に、ぬる燗の「久保田 千寿」を合わせて、体の芯からじんわり温まりませんか?

「牡蠣と春菊の海苔鍋」の作り方

【材料(2人分)】
・牡蠣:12個
・春菊:150g
・えのき:200g
・板海苔:2枚
・練りわさび:小さじ1

A
-水:2カップ
-しょうゆ:大さじ4
-みりん:大さじ4


【作り方】
①春菊は3〜4cm幅に切る。えのきは石づきを切り落とし、ほぐす。板海苔は粗くちぎる。

材料の下準備

②鍋にA、板海苔を半量入れ、ひと煮立ちさせる。その後、春菊、えのき、牡蠣を加え、蓋をして弱火で3〜5分ほど煮る。わさびを溶き、残りの板海苔をちらす。

「牡蠣と春菊の海苔鍋」の完成

「牡蠣と春菊の海苔鍋」に合わせたい「久保田 千寿」

久保田 千寿

久保田 千寿

綺麗ですっきりとした淡麗な味わい、穏やかな香りに仕上げた、いつもの食卓を少し特別にする「食事と楽しむ吟醸酒」。

希望小売価格(税抜)
1,800ml    2,430円
720ml    1,080円
300ml  500円

高橋善郎さんからのワンポイント

◆素材の旨味や苦味、香りなど複数の要素がつまった個性ある鍋も「久保田 千寿」が一つにまとめてくれます。千寿は、常温からぬる燗の温度帯がおすすめです。
◆牡蠣からは強い旨味が出るので、出汁より水を使うことで、素材の味がより分かりやすくなります。最後に加えるわさびがいいアクセントになっています。
◆鍋つゆは濃いめに作るのが一般的ですが、煮ると板海苔の香りが移り、牡蠣から塩分も出ます。そのため今回は、素材を入れる前が丁度いいくらいの濃さがベストです。

profile

料理家 高橋善郎

料理家 高橋善郎

東京都世田谷区にある和食店「凧(はた)」グループのオーナーシェフ。料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を当時史上最年少 で合格。素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。