日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|カニカマとネギの塩麹蒸し
2020.08.03

楽しむ

日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|カニカマとネギの塩麹蒸し

料理家・高橋善郎さんが提案する、日本酒のおつまみにぴったりの一品をご紹介。 「久保田」と一緒に、ご自宅での上質なひとときをお楽しみください。

目次

  1. 電子レンジでパパっと一品
  2. 「カニカマとネギの塩麹蒸し」の作り方
  3. 「カニカマとネギの塩麹蒸し」に合わせたい「久保田 百寿」
  4. 高橋善郎さんからのワンポイント

電子レンジでパパっと一品

「カニカマとネギの塩麹蒸し」

「カニカマとネギの塩麹蒸し」

今回のレシピは、電子レンジで蒸すだけの簡単「カニカマとネギの塩麹蒸し」。季節を問わずいつでも買える食材を使用しているので、年中手軽に楽しめるおつまみです。
作り方が簡単だからこそ、味付けにひと工夫。調味料に日本酒と塩麹を加えることで、日本酒との相性がさらに高まり、いつものおつまみとは一味違った味わいに仕上げています。

暑い夏は、火いらずの簡単おつまみとともに、キリっと冷やした「久保田 百寿」を楽しみませんか?

「カニカマとネギの塩麹蒸し」の作り方

【材料(2人分)】
・カニカマ:100g
・長ネギ:1/2本
・豆苗:50g
・しめじ:1/2袋(60g)

A
-久保田 百寿:大さじ2
-塩麹:小さじ2
-しょうゆ/ごま油:各小さじ1

【作り方】
①長ネギは5mm幅の斜め切りにする。豆苗は根元の部分を切り落とし、4〜5cm幅に切る。しめじは石づきを切り落としてほぐす。

材料の下準備

材料の下準備

②ボウルにAを入れ、混ぜ合わせる。

調味料を混ぜ合わせる

調味料を混ぜ合わせる

③耐熱皿にカニカマ、①をバランスよくのせ、②をかける。ラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分〜3分30秒加熱する。

電子レンジで加熱する

電子レンジで加熱する

④器に盛り付ける。

「カニカマとネギの塩麹蒸し」の完成

「カニカマとネギの塩麹蒸し」の完成

「カニカマとネギの塩麹蒸し」に合わせたい「久保田 百寿」

久保田 百寿

久保田 百寿

香りの主張は控えめに、ふくらみのある辛味や酸味があり、飲み飽きしない酒質に仕上げた「久保田」の基本形。

希望小売価格(税抜)
1,800ml    2,010円
720ml    920円

高橋善郎さんからのワンポイント

◆「久保田 百寿」と塩麹の香りが豊かな簡単レンジ蒸し。塩麹を使うことで素材の味が引き立ち、マイルドな塩味が「久保田 百寿」と好相性です。飲んでよしな「久保田 百寿」は料理に使ってもお酒本来の旨味が食材に行き渡り、料理自体のコクを深めてくれます。

profile

料理家 高橋善郎

料理家 高橋善郎

東京都世田谷区にある和食店「凧(はた)」グループのオーナーシェフ。料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を当時史上最年少 で合格。素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。