日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン

「秋あがり」は秋が旬の日本酒?おすすめの楽しみ方や限定銘柄も紹介
2020.09.01

「秋あがり」は秋が旬の日本酒?おすすめの楽しみ方や限定銘柄も紹介

秋になると店頭でちらほら見かけるようになる日本酒「秋あがり」。一体どんなお酒なのか、みなさん知っていますか?本記事では、秋あがりの意味や特徴、おすすめの楽しみ方や銘柄もご紹介します!

目次

  1. 「秋あがり」とは
  2. おすすめの楽しみ方
  3. 9月限定の秋あがり
    1. 久保田 千寿 秋あがり
    2. 朝日山 秋あがり 純米
  4. 旬の食を楽しもう

「秋あがり」とは

「秋あがり」とは秋が旬の日本酒で、厳密に言うとお酒の種類ではなく、お酒の状態を指す言葉です。春に搾ったお酒が夏を越して熟成し、“秋になり旨味が増した”状態を「秋あがり」と呼んでいるのです。
反対に熟成がうまくいかず、美味しいお酒にならなかった場合は「秋落ち」と呼ばれています。

秋あがりの他にも、秋になると「ひやおろし」という日本酒も見かけるようになりますよね。同じようにお酒の状態を指す言葉で、春に搾ったお酒を、夏の間に熟成させてから出荷しています。
「秋あがり」も「ひやおろし」も夏を越えて秋に蔵出しする、とっておきの日本酒としては同じですが、違いもあります。

通常日本酒は、貯蔵前と出荷前の2回、火入れと呼ばれる加熱処理を行います。しかし「ひやおろし」の場合、出荷前の火入れは行わないので、生の味わいが堪能できます。この点が「秋あがり」との大きな違いです。

おすすめの楽しみ方

「秋あがり」は熟成したまろやかな深みが特徴です。本来の味わいを楽しむなら、まずは常温がおすすめ。お米の旨味をダイレクトに感じることができます。
暑さがまだ残る初秋には、軽く冷やして飲むのも良いでしょう。すっきりとした味わいになります。
肌寒くなってきたらぜひ試していただきたいのがお燗。40℃前後のぬる燗や、50℃前後の熱燗がおすすめです。温めることで香りが広がり、コクが深まり、ふくらみある味わいを感じられます。
冷酒、冷や、燗酒と、温度帯の違いによる味わいの変化を堪能してみてください。

もうひとつのおすすめの楽しみ方が、秋の食材を使った料理とのペアリングです。
しっかりとした味わいの秋あがりは、秋刀魚や秋鮭などの魚に、なすやさつまいも、きのこなど、旨味たっぷりの秋の味覚と相性抜群!脂がのった秋刀魚には冷酒を合わせてすっきりと、温かい鍋には燗酒を合わせてこっくりと…。心地良い秋の夜長に、旬の酒と肴をゆっくり堪能してみてはいかがでしょうか。

9月限定の秋あがり

久保田 千寿 秋あがり

いつもの食事をより特別に美味しく味わうデイリーラインの「久保田 千寿」ラインの新商品。今年の9月1日より季節限定で出荷しました。
冬に仕込んだ「久保田 千寿」の原酒を、秋まで約8ヵ月じっくり熟成させたのが、この「久保田 千寿 秋あがり」です。生原酒ならではの濃厚な味わいが、夏を越えて熟成し、まろやかな味わいへと変化しています。

熟成前の原酒は、搾りたての「久保田 千寿 吟醸生原酒」として毎年1月に発売しています。そのフレッシュな口当たりから変化した、まろやかな味わいを楽しめるのが「久保田 千寿 秋あがり」です。

冷やすと、千寿ならではのキレとやわらかな酸味を、常温でとろっとした口当たりと旨味を感じられます。味わい深いため、お酒をメインにじっくり楽しむのはもちろん、秋が旬のなすやさつまいもなどの野菜や、秋鮭をはじめとした上品な旨味のある魚介類や肉類とも相性のよいお酒です。

希望小売価格(税抜)
720ml    1,450円

朝日山 秋あがり 純米

「朝日山 秋あがり 純米」は、昨年の秋に登場した商品です。今年も9月1日より季節限定で出荷しました。
ひと夏越えたまろやかな熟成感、まんまるとした豊かな旨味が特徴の食中酒です。旬の焼き秋刀魚などの肴から、キノコや栗ご飯などの主食まで、幅広い秋の料理と相性が良いです。

冷酒や冷やはもちろん、燗酒もおすすめ。温めることで香りが広がり、旨味がさらに深まります。燗酒の温度が下がるにつれて変化する香味も楽しんでみてください。

希望小売価格(税抜)
1,800ml    2,280円
720ml    1,070円

旬の食を楽しもう

春に搾ったお酒が夏を越し、“秋になり旨味が増した”日本酒「秋あがり」。お好みの温度で、旬の料理を合わせて、実りの秋を堪能してみてはいかがでしょうか?日本酒と楽しむ四季の魅力に、きっと出会えるはずです。